即日融資のキャッシング|お急ぎの方に!

最短25分融資!申込は最短5分!

プロミス
早く借りたい方に大人気!

審査時間  最短25分融資

限度額   1万円~500万円

実質年率  4.5%~17.8%

初めてなら30日間利息0円!

続きを読む

初めてなら最大30日間利息0円!


安心感があると高評価!!

審査時間  最短30分融資

限度額   1万円~800万円

実質年率  3.0%~18.0%

最短30分で借入れ可能!

続きを読む


最短30分審査!WEB対応!

モビット
利便性が高いのが高評価!

審査時間  最短30分審査

限度額   1万円~800万円

実質年率  3.0%~18.0%

スマホで24時間キャッシング!

続きを読む

最短即日融資!来店不要!


アイフルグループで安心!

融資時間  最短即日融資

限度額   最大1000万円※1

実質年率  3.1%~18.0%※2

年会費・保証料無料!

続きを読む
続きを読む


最大1億円まで融資可能!


総量規制対象外で人気!

審査時間  最短60分審査

限度額   最大1億円

実質年率  7.50%~15.00%

ご来店不要で最短60分審査!

続きを読む


最短即日融資!来店不要!


プランが多いので高評価!

融資時間  最短即日融資

限度額   10万円~1億円

実質年率  8.0%~15.0%

最大で1億円まで融資OK!

続きを読む

『今日中にどうしてもお金が必要になる』という不測の事態は生活の中においていつでも生じ得ることです。

そういった時に、スピーディに振り込みが可能な消費者金融などを利用できると精神的にも楽になるはずです。

銀行のカードローンは金利を低めに設定していますので、返済時に負担をなるべく抑えたい方におすすめです。

そうした点に加えて、借りる場合には返済のことも考慮しておく必要があるので返済時の手続き方法もしっかりと確認すべきです。

多くの金融機関ではインターネット経由で返済も可能なので、忙しい人には遅い時間にも返済手続きができるのはメリットになりますよね。

大手業者ですと、ネット返済だと手数料が無料というケースも多いので、申込から完済まですべてをネットで行うというのが最近のトレンドです。

借入や返済後にご自宅へ書類送付など一切ない設定にもできますので安心できると思います。

大手消費者金融の融資時間は最短で30分前後となっているので、スピーディに貸付を受けたい人におすすめです。

急いで現金が必要な緊急事態には当日利用できるカードローン

急いで現金が必要な時には、『スピーディなカードローンでお金を借りる』という選択肢がおすすめです。

銀行カードローンでは2018年1月から当日融資が実質的に不可能になったため、申し込みをしたその日のうちにお金が必要という時には消費者金融が最適となります。

その中でも特に最短25分で融資が受けられるところもありますので緊急時に役立ってくれるはずです。

『当日融資可能』な場所を選べば、きっと知人や家族に頼るよりもスムーズに素早く現金が用意できる可能性があります。

借入までの時間

融資スピード
プロミス [プロミス時間]で完了
アコム [アコム時間]で完了
アイフル [アイフル時間]で完了
SMBCモビット 最短即日

有名なカードローンですとスピーディさがメリットで、上記のように短時間で終わるところもあります。

業界大手で実施されているこの早い対応が最速レベルですのでお急ぎの時にはそこを選んでください。

また、店頭まで行って申し込みをしなくてもインターネットで手続きができますので、緊急時に急いでいるならスマホからすぐに申し込むのがおすすめです。

また、このような大手では土曜日や日曜日でも当日融資に対応しているので、忙しい方も使いやすいでしょう。

申し込みにかかるスピード

申込にかかる時間
入力に慣れている方 3分~5分程度
入力に慣れていない方 5分~8分程度
全然慣れていない方 10分~15分

スマホでの入力に慣れていない方はパソコンでの契約も出来ますので、入力の時間が気になる方はパソコンで申込をするようにしましょう。

また、上記の時間はあくまでも目安となっていて、公式ホームページによってはもっと時間が短くなったりもします。

振り込みが完了するまでの時間

振込スピード
プロミス 最短10秒
アコム 最短1分
SMBCモビット 最短3分※1

今は振込依頼をした後の入金もスピーディになっていますので、今すぐお金を借りるときにスピード対応のカードローンなどはピッタリです。

プロミスやアコム、SMBCモビットであれば原則24時間、振込融資が受けられるため、口座残高が不足しクレジットカードや携帯料金の支払、そして家賃などの引き落とし不能が回避できます。(※1 口座への入金が完了する日時は金融機関によって異なります。)

事前に借入シミュレーションをしよう

初めて現金を貸してもらうために消費者金融を使用する際、利息や返済に関して不安になることもあると思いますが、まずは審査に通るかどうかが一番不安になりますよね。

じっくり利率を比較しながら返済計画を立てたりして、いざ申し込んだら審査に通らず借り入れできなかったとなってしまうと、費やした時間が勿体ないですし悲しくなってしまいます。

審査に通るか不安に感じる女性の方は公式サイトで最小限の項目を入力するだけで仮の審査や借入のシミュレーションを行ってくれる金融業者もあり、気軽に申し込みやすいと人気です。

選ぶ時にどこに注目する?

当日利用のためには審査時間のスピーディさで考える

急ぎで融資が受けられる借入先を選ぶ時には、審査時間がなるべく短い場所を選びましょう。

当日利用できるかどうかの鍵は審査スピードが握っています。

大手のカードローンであれば『最短30分』という超スピードで融資が終わる可能性があり、本当に頼りになりますよ。

振込サービスは対応時間で比べる

大手のカードローンなら『振込サービス』を使ってWEB上の手続きだけで融資が受けられます。

このサービスはお持ちの銀行口座とカードローンの申込み先の組み合わせによって、対応可能時間が変わります。

一番便利に振込サービスが使える場所を見つけてくださいね。

ブランド力や知名度も重要

当日にカードローンできる場所が見つかったとしても、安心してお金を借りられる場所でなかったら後になって色々と大変なことになりそうですよね。

でも『知名度』の高い大手なら大丈夫です。『有名・利用者が多い・運営歴が長い』というブランド力の高い場所は、やっぱり安心感が高いですよね。

週末や休日にも対応しているかもチェック!

平日は仕事で忙しい方は、契約手続きなどは週末や休日に行いたいはずです。

ですからもし当日にキャッシングが行える場所が見つかっても、対応日が限られていたとしたら本当に便利な借入先とは呼べません。

でも原則365日年中対応してくれる場所を選べば、都合の良い日に手続きが進められますよ。

カードローン 営業時間(自動契約機)
プロミス 9:00~21:00(土曜日や日曜日でも可)
※一部の契約機で営業時間が異なります。
アコム 9:00~21:00(土曜日や日曜日でも可)
※一部の場所で営業時間が異なります。
アイフル 8:00~22:00(土曜日や日曜日でも可)
※一部の場所で営業時間が異なります。
SMBCモビット 9:00~18:00(土曜日や日曜日でも可)
※営業時間は店舗により異なります。
(三井住友銀行ローン契約機)

カードローンの営業時間や土曜日や日曜日が可能かどうかについて

スピード以外に見ておきたいポイントは?

「急いで借金したいから契約出来ればどこでもいい!」なんて安易に考えないでください。

カードローンはたくさんあって、それぞれ特色があります。

どの会社もひとりでも多くの優良なお客さんに利用してもらおうと必死になっていますので、それぞれの得意分野を生かしたサービスを打ち出して競争をしています。

それが金利を低くしたり、利便性を考えたサービスだったりします。

返済する際の金利は当然低いほうがいいですけれども、初回30日間無利息などのサービスを実施している会社もありますので、全体のサービスで考えて一番利息を抑えられるのはどの会社か、便利なサービスはどの会社か、比較して考えるべきです。

継続的に利用する場合には金利(実質年率)が重要になってくると思いますが、意外と負担になるのがATMの手数料です。

通常、コンビニATMの手数料は、1万円以下で110円、それ以上で220円掛かる場合があります。

もちろん身近な場所で借り入れや返済ができるのは便利ですが、回数が多ければ額も大きくなります。

銀行ATMについても、それぞれのカードローンごとに手数料無料だったり有料だったりしますので、ご自分のライフスタイルに合わせて便利さと費用を考慮してください。

こうしたコンビニATMを使えるサービスの他、カードレスや利用明細のオンライン化、女性向け専用サービスなど、ローン会社はさまざまなサービスを用意しています。

こうしたところも、カードローン選びのポイントになります。

必要となる書類について

「急いでお借入れしなければいけないけど、車を持っていないから免許がない!」と思っている方もいるようです。

でも心配をしないでください。免許証がなくてもパスポートや個人番号カードなど、身分を証明できるものがあれば問題ありません。(※会社によって条件は異なります)

もちろん、審査に必要な書類は身分証明書だけではない業者もありますので、急いで申込する方は事前に確認しておくようにしましょう。

収入証明書が必要な場合とは?

貸付の際の必要書類として収入証明書類の提出が求められる場合もあります。

必要となる例としては、50万円を超える貸付けの場合あるいは他社からの借り入れを合わせて100万円を超える場合に収入証明書類を申し込み必要書類としているキャッシングが多くあります。

これは「年収の3分の1の金額までしか貸し出してはならない」、という総量規制と呼ばれる貸金業法に基づく規定が関係しているからです。

それで急な出費でスピーディな貸し付けを希望する人は契約の際に融資限度額を低めに設定することで収入証明書類を必要としない申し込みにすることをおすすめします。

収入証明書類として一般的なのは給与明細や源泉徴収票です。給与明細を提出する場合は直近2ヶ月分など複数月の提出を求められることが多いようです。

また勤務先が発行する所得証明や役所が発行する課税証明書なども収入証明書類として用いることが可能です。

申込内容は正直に申告しよう

特に年収を多く、他社借入を少なく申告するとバレてしまいますし、良い印象を持たれません。

(信用情報機関で他社借入金額は判明しますし、年収も既存借入金額からおおよそ想定ができます。)

ですので契約の際には、嘘偽りなく正直に記載してください。

分かりやすく正直にしっかりと対応することによってスピーディに契約ができるようになります。

全国各地のコンビニで借入・返済が可能

カードローンは、専用ATM以外にも提携している銀行ATMや銀行ATMが多く利便性が非常に高い為に利用をおすすめできます。

特に、コンビニで現金の引き出し利用可能になる点が非常に利便性が高くおすすめポイントとなります。

各社の専用ATM利用は、利用手数料が基本的に無料というメリットがあるものの、家族や周囲の人間に専用ATMに入る姿を目撃されたらすぐにキャッシングしている事がバレてしまったり、近くに専用ATMがない為に利便性が悪いというデメリットがあります。

しかしセブン銀行・ローソンATM・イーネットなどと提携している為、全国各地にあるコンビニでの現金の引き出し利用が可能となるので利便性が非常に高まる上に、ATMを利用している姿を目撃されていてもキャッシング利用がバレないというメリットがあります。

(提携ATMの利用には、利用金額に応じた手数料が必要になる場合があります。)

スピーディに振込ができる業者は?

振込を利用する場合には、予め振込ができる口座と手続きをしてから振り込まれるまでの時間を確認しておくとよりスピーディに現金を借りる事ができます。

一部の大手業者の場合、指定の銀行の口座への振込であればメンテンス時間を除いて原則24時間振込手続きができる上に手続きをしてから入金までの待ち時間が速ければ1分や10秒で済むので急いでいる時にとても便利です。

このように即時振込サービスに対応しているかどうかも業者選びをする際に注目すると良いですね。

利息と返済期間について

銀行系カードローンは上手に使えば便利なものですが、計画的に使ってこそ利用価値があるので事前に返済について考えておくことが大切です。

利息と返済期間の関係は特に注目をしたい部分でしょう。

基本的には利息は時間がかかるほどに多くなっていくものですから、早く返すに越したことはないのです。

借り入れをしたら、早く返済するためにその月での出費を抑えたりアルバイトや副収入などをしていく。生活の無駄をなくして数か月での返済を目指します。

そうすることでも実質的な利息は少なくなりますし、精神的にもキャッシュを持っているままよりは完済したほうが気分が楽でしょう。

初めて借りるための秘策

 初めて借りる時の秘策をズバリいいますと、借り入れ希望額を抑えることです。10万円までなどに限定して申し込みをすれば可能性は広がります。もちろん後で借りられる限度を変えることも出来ますので、急いでいて絶対に貸してもらいたいという方は少なめの金額で申し込むことをおすすめします。

女性のための専用サービス

スピーディなカードローンの利用者は男性の比率が高いと言われていましたが、女性専用サービスを行う場所も増えており女性の利用者が増加中です。

サービス内容は各社様々ですが、女性オペレーターが対応してくれる専用ダイヤルが準備されていたりと、安心して利用できるようになっているのでおすすめです。

プロミスレディース アコム アイフルSuLaLi
診断スピード 3秒診断 3秒診断
最短振込スピード 10秒 1分
最短審査スピード 30分 30分
融資スピード [プロミス時間] [アコム時間] [アイフル時間]
実質年率 4.5%~17.8% 3.0%~18.00% 18.0%
融資限度額 1万円~500万円 1万円~800万円 10万円まで
無利息サービス 最大30日間 最大30日間 最大30日間
パート・アルバイト 申込OK 申込OK 申込OK
女性専用ダイヤル

※申込時間や状況によっては当日融資ができない場合があります。プロミスの無利息サービスはウェブ明細の利用とメールアドレスの登録が必要となります。

当日利用ができるスピーディなカードローンは?

プロミス

実質年率4.5%から17.8%のプロミスは上限金利が低く、初めてキャッシングを行う方に特におすすめの場所です。

申込時にメアド登録とWEB明細の利用を選択することで、30日間無利息サービスが適用されます。

他にも様々な施設で割引が受けられる優待サービスも用意されており、お得がタップリです。

プロミス 時間 備考
診断の時間 3秒診断
振込の時間 最短10秒振込
融資の時間 [プロミス時間]融資
プロミス店頭窓口 10:00~18:00 平日
インターネット申込 24時間
プロミスコール 9:00~21:00 平日・土日祝
自動契約コーナー 9:00~21:00 契約機により一部、営業時間が異なる
平日・土日祝可
提携銀行ATM 9:00~21:00 店舗により一部異なる
提携コンビニATM 24時間 店舗により一部異なる


※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。店舗や契約機によって営業時間が異なる場合があります。

レディースプロミス

スピーディさを求める女性の方はレディースプロミスもおすすめできますよね。レディースプロミスに向いているのは、『当日に融資を受ける』ことを希望している女性です。

当日融資はキャッシュカード業者の中でも一部のカードローン業者しか行っておらず、その中でも女性専用のレディースプロミスは「瞬フリ」という24時間振込融資を受けられるサービスがあるため、契約などの所定の手続が無事に完了すれば、夜遅い時間でもその日のうちにキャッシュカードなどで融資を受けることが可能になります。

ですので非常事態に陥りスピーディな融資を希望される女性の方はレディースプロミスを使うと間違いないでしょう。

アコム

最短30分審査・来店不要でスマホでキャッシングまで可能』なアコムは、土日祝日も素早い対応を行っている、当日融資などで急いで借入を行いたい方にとって頼りになる場所です。

嬉しい30日間無利息サービスもあり、この適用条件も『初めての契約』だけなので容易です。

時間 備考
診断の時間 3秒診断
振込の時間 最短1秒振込
審査の時間 最短30分
融資の時間 [アコム時間]
店頭窓口 9:30~18:00 平日
ネット申込 24時間
お問い合せ 9:30~18:00 平日
自動契約機(むじんくん) 9:00~21:00 一部店舗により異なる
年中無休(年末年始は除く)
提携銀行ATM 9:00~21:00 一部店舗により異なる
提携コンビニATM 24時間 一部店舗により異なる


※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。店舗や契約機によって営業時間が異なる場合があります。

SMBCモビット

三井住友銀行のATMなら手続きが無料で行えるSMBCモビットは2018年オリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しました。

カードを使わずにアプリとセブン銀行ATMを利用することで、24時間いつでも借入や返済取引することができます。

みんなの疑問に答えます

誰にも知られずに借りれますか?

WEB上のみや来店不要で契約できるカードローンを選べば、誰にも知られずにキャッシングするのも難しいことではありません。

さらに借入はコンビニATMや振込サービスを活用し、自宅に利用明細が届かない様に設定できる場所を選ぶことで、『申込みから借入返済まで』をコッソリと行うことができますよ。

何を準備しておけばいいですか?

多くのスピーディなカードローンでは『運転免許証』があれば、他に特に書類の準備は必要ありません。

50万円以上など大きな額の限度額を希望する場合には『収入証明書』も必要となりますが、10万円~50万円などの少額ならば免許証一枚でOKです。

もし免許証をお持ちでないのならパスポートや保険証と他の書類を組みわせる事ででも代用可能です。

あらかじめ月々の返済額を知っておきたい

スピーディなカードローンでは借入残高に応じて返済額が段階的に変わっていくリボ払いを採用しています。

基本的に利息と元金を併せて一定額ずつの返済を進めていくことができ、10万円程度の借入残高であれば毎月の返済額は4,000円程度で済みます。

具体的な返済額は各社のカードローンサイトでも無料で確認可能です。

パートの主婦でも大丈夫ですか?

どこでキャッシングをする際にも『安定した収入』が申込み条件の1つとなっています。

ですから主婦の方でもパートやアルバイトなどで定期的な収入を得ていれば、申込みしていただいて全く問題ありません。

収入の額は借入可能額に影響しますが、キャッシングの契約審査では収入の安定性の方が重要視されます。

自宅や職場に電話がありますか?

連絡先に携帯やスマホを選択すれば、自宅への電話は避けることが可能です。

ですが、職場への電話は『実際に職場で働いてる確認』の為に行われますので、避けるのは難しいと考えてください。

「どうしても無理!」という時には、ネットからのカードローンの申込み後に申込み先に相談することで電話以外の方法を提示してくれるかも知れません。

いくらまで借入できますか?

通常、カードローンの審査は信用機関に照会するので他社で借入をしていると、合計でいくら借金しているのかわかります。

総量規制では年収の3分の1までと決まっているので、例えば年収350万だった場合は約116万までの借り入れしかできません。

クレジットカードのショッピング枠を使った場合は、貸金業法の対象外なので総量規制には引っかかりませんが、キャッシング枠を使った場合は貸金業法の対象となります。

消費者金融とクレジットカードの現金の借入れは総額で見ていくので、年収3分の1を超えてしまうと審査に落ちる可能性があります。

借りられる場所を色々知りたいのですが…

お金を借りる方法はカードローン会社以外でも色々ありますよね。親や友達に借りたり、国から支援してもらったり、経営者なら不動産などを担保にお金を借りたりと…。

なので、下にカードローンでどれくらい時間がかかるのかとか、他にどんな借り方があるのかなどの表を作りました。今後お金を借りる時の参考にしてくださいね。

お金を借りられる色々な場所

場所 時間
カードローン・消費者金融 最短1時間程度
ビジネスローン 最短当日
不動産担保ローン 1~5日営業
学生ローン 最短当日
クレジットカード 最短当日
ファクタリング 最短当日
銀行 2日以上
親、友人、知人 数分(人間関係に注意)
会社 1週間程度
質屋 20分~1時間程度
国や自治体 半月以上
郵便局(担保を使う) 最短当日
生活サポート基金 1週間前後
生命保険 3日以上
ろうきん 3日以上

まとめ

1.どれくらいで審査は終わる?

カードローンのスピーディさは業者によって全く異なります。大手業者であれば最短30分で審査は終わります。ですから1時間~当日融資も可能なんです。週末や祝日でも同じ速さで手続きを行ってくれるのも大きな特徴です。

 
2.当日カード受取も可能

大手カードローンの良さは申し込みや審査は手軽なインターネットで行って、カードの受取だけを自動契約機で行うという方法が取れる点です。そうすれば自宅に郵送物が送られてきませんし、当日にカード利用が可能です。

 
3.今は振込スピードにも注目

カードローン選びの際には審査の速さに加えて振込の速さにも注目してください。人気のある所なら最短10秒で24時間いつでも振り込み対応してくれます!手数料が0円で行ってくれる場所を選ぶのも大事です。

当日カードローン

安全で安心ができて早急な当日融資もできる大手のスピーディなカードローンは当日にお金を借りたい方にもかなりおすすめが出来ます!



コメントをお願いします♪







(※お問い合わせはこちらからお願いします。コメントは内容によって削除させて頂く場合もあります。また良いコメントは記事内に移させて頂くこともありますのでご了承下さい♪)