タクシードライバーがプロミスでお金を借りるなら?審査のポイント

タクシードライバーがプロミスでお金を借りるなら?審査のポイント

タクシードライバーなど仕事時間が不規則な方でもプロミスのWebからのお申込みを利用すると、パソコン、スマートフォン、ケータイから24時間申込みをすることができます。

ですからタクシードライバーやトラック運転手、バス運転手、宅配業者などの配送や運送系の仕事をしている方でもいつでもどこでも申し込みすることができ、運転の休憩時間や夜中に仕事が終わってからでも申込みを行うことができるので、お金を借りるのに不都合なことはありません。

ここでは、タクシー運転手がプロミスでお金を借りるときに気をつけるポイントや申し込みの流れを書いていきたいと思いますので、最後までご覧ください。

タクシーやバスの運転手がプロミスを利用するときに気をつけるポイント

40代や50代の転職組のタクシードライバーでもプロミスでお金を借りることを諦める必要はありません。

なぜかというとプロミスには明確な「お申込みいただける条件」というものを定めていて、公式ホームページでもしっかりと確認することができます。

公式ホームページには、申し込みできる方の条件として、「年齢[プロミス年齢]の本人に安定した収入のある方」という記載があり、さらに主婦や学生でもパート、アルバイトなど安定した収入のある方ならば審査のうえご利用が可能という記載まであります。

この記載を見ていただければ、40代や50代の転職組のタクシードライバーの方でも十分にお金を借りることができるチャンスはあることを分かっていただけることと思います。

申込みに必要な運転免許証やパスポートなどの本人確認書類と場合によっては必要になる収入証明書類を用意して申込みをしてみましょう。

タクシードライバーはプロミスの審査に通る?

タクシードライバーでもアルバイトの宅配ドライバーでも、どの職業でも言えることですが、プロミスの審査に通るか否かは、本人の年収によるところが大きいです。

多ければ多いほど通りやすくなりますが、一般的には年収100万円ほどが境になっているといわれていますので、週に数回しかシフトを入れられないアルバイトの宅配ドライバーでも借り入れできる可能性があります。

もちろんそれ未満でも審査に通る場合もありますが、利用可能な限度額が低くなることが多いです。

また、住まいが戸建てか賃貸かどうかや、家族構成なども全く関係ないわけではないですが、審査の合否というよりは利用可能限度額への影響が大きいです。

また、他社からの借入件数も審査の可否に影響があります。

審査が不安なときは借り入れ診断を

プロミスは借り入れ診断が数秒でできるので、「現金を貸してほしいけれど本当に自分が借り入れできるのか」を調べる時に役立ちます。

診断は自分の生年月日、税込みの年収、借り入れを他社でしている場合は、その金額を入力するだけで素早い診断をしてくれるので、審査に通るか不安なときは必ず行っておきましょう。

会社にバレると困る…という場合は?

お金を借りたいけれど、会社にバレると困る…というトラックの運転手もいますよね。

プロミスやアコムなどのカードローンに申し込みをすると、審査時に在籍確認(記載した職場で本当に働いているのかを確認する審査)が行われます。

その方法は、基本的に勤務先への電話でなされますが、その場合はプロミスという名前は出さずに担当者の個人名で連絡が来るため、バレにくくなっています。

どうしても勤務先に電話をかけられると困る場合は、プロミスのコールセンターに連絡して、その旨伝えると別の方法で在籍確認が完了する場合があります。

在籍確認が不安な方はご自分のケースで対応してもらえるかコールセンターに連絡してみて下さい。

また、勤務先の会社が社員の個人情報保護を優先している場合でも、別の方法により在籍確認の対応ができる可能性があるため、勤務先に電話での在席確認は難しい方でも安心して申し込むことができます。

自分が会社にいなくても在籍確認は完了する

タクシードライバーや宅配ドライバーの場合、事務所にいる時間はほとんどないですよね。

在籍確認の連絡が入ったときに自分がいなくても大丈夫だろうか?

と心配になるかもしれませんが、プロミスなどの消費者金融は申し込みをした本人が電話にでなくても在籍確認は完了します。

プロミスの担当者:もしもし、〇〇(個人名)と申しますが、△△さん(申し込み者)はいらっしゃいますか?

会社の同僚:ただいま外出中です。

担当者:そうですか、わかりました。

というような流れで、会社に勤務していることがわかれば、本人がいなくても大丈夫なんです。

なので、外に出ていることが多いタクシードライバーやトラックの運転手でも安心して利用することができます。

プロミスを利用する前に知っておきたいポイントを解説

プロミスならWEB完結で申し込みから契約、そして貸し付けまで受けられるという点で給料日まで乗り切りたいという方から高い評判を集めています。

WEB完結なら誰にも会わずに契約ができるだけでなく、周囲の目を気にすることがなくなります。

例えば、生活圏内の自動契約機を使うと家族や友人、知人や会社の上司や同僚に目撃されるといった心配があるものの、プロミスならこれらの問題が解決できます。

さらにキャッシングにより夕方までに貸付を受けたいものの、時間が無いという方でも職場に居ながらスマートフォンだけで手続きを行うことができるので、素早く給料日まで乗り切ることができます。

素早い借り入れができる

24時間対応のプロミスの審査や提出書類についてですが、自宅から遠方に向かった際、クレジットカードやキャッシュカードが手元にない為に、現金の持ち合わせに困ることもあるかと思います。

すぐ入金してほしいと思った場合、プロミスは[プロミス時間]で入金までいけるのでとてもスピーディな対応となっています。

申込みには本人確認が必要となります。この際に必要となる書類は、運転免許証やパスポートなどの身分証明書となります。

それと対応にあたるスタッフは、適切かつスピード対応となっており、お客様が不快になることがないように配慮がなされます。

>急いでプロミスでお金を借りるなら?最短で利用する方法

プロミスは土日祝日でも利用可能

プロミスでは土日祝日でも営業しており、審査から借り入れまで行うことが出来るため、仕事の関係で土日にしか時間がない方でも申し込みをすることが出来ます。

自動契約機では9時から21時(契約機によって営業時間が異なります。)までプロミス備え付けのATMでは7時から24時(ATMによって営業時間・休日が異なります。)まで営業しているため、急な現金の補充も先ほど言った通り問題なく行うことが出来ます。

また、プロミスは連帯保証人が不必要、担保や来店不必要となっています。

提携ATMの多い場所が便利

タクシードライバーの方がカードローンの他の会社と比較してプロミスを選ぶ理由のひとつとして、ATMの提携先が豊富にあるということがあげられるんです。

三井住友銀行ATMやゆうちょ銀行ATMなどの銀行のATMに加えて、セブン銀行ATMやイーネットなどのコンビニATMまでが提携先となっているので、お近くのコンビニや郵便局や商業施設などいろいろな所でATMを見つけ出してすぐにお金を借りることができます。

ですから、タクシードライバーの方が休憩時にお近くのATMをすぐに発見することができる可能性が高まるので、短い休憩時間でも有効活用することができるんです。

さらには、一仕事終えたらお金を借りようと思っていた場合でも提携ATMによってそれぞれ営業時間が変わるので、夜遅くまで営業しているものを利用すれば、どんな時間帯でも問題なくお金を手にすることができるんです。

例えば、三井住友銀行ATMの営業時間は9:00~21:00までなので、夜中に利用することができません。

しかし、セブン銀行ATMならば営業時間は0:10~23:50までなので、一仕事終えたらでも利用することは可能なので、夜遅くにはそのようなコンビニATMを利用するといいんです。

そして三井住友銀行ATMだけは手数料無料で利用できるという特別な特徴を持っていて、それ以外では基本的に取引額が1万円以下なら借入時と返済時に110円、1万円超なら220円かかるということを覚えておくといいですよ。

クチコミで評判が高いインターネット振込

タクシードライバーの方や自動車製造業者の方、車の修理や販売の代理店に勤めている方や時計の修理工の仕事をしている方などにオススメしたいのがクチコミで評判が高いプロミスのインターネット振込です。

インターネット振込は、手数料は0円で、三井住友銀行やPayPay銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも振込みが可能なので、必要な時にすぐにお金を借りることが出来ます。

手間がかからずに短時間でお金を借りることが可能なので、このサービスを使うといいでしょう。

宅配アルバイトでも30日間無利息サービスを利用できる

プロミスは、はじめての利用ならば、30日間無利息サービスを利用することができるので、30日間は利息は払うことなくお金を借りることができるのでお得です。

このサービスを利用するために忘れずにメールアドレスの登録と「ホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択しましょう。



コメントをお願いします♪







(※お問い合わせはこちらからお願いします。コメントは内容によって削除させて頂く場合もあります。また良いコメントは記事内に移させて頂くこともありますのでご了承下さい♪)