本人確認書類プロミス

プロミスの公式ページを読む


「プロミスは本人確認書類だけで良いの?」
「緊急時で早く借りたいけど大丈夫?」

急な借入はプロミス

>本人確認書類で借入するなら!<


プロミスはこんなに便利!


1.緊急時を早く乗り切ることができる!
2.周囲に知られずに借りれる!
3.※本人確認書類だけで借りれる!

 

※50万円以下の場合は収入証明書類原則不要となっています。また、本人確認書類とは運転免許証やパスポート等のことを言います。

プロミス
プロミスのカードローン

 

  • はじめての場合無利息のサービス期間がある!
  • 最短で60分で借り入れが可能になる!
  • カードレスでの契約ができるのでバレない!
  • プロミス
    • 実質年率
    • 4.5%~17.8%
    • 限度額 
    • 1~500万円
    • スピード
    • 最短即日

     プロミスはご存知の通り、『有名で安全性が高い』老舗です。審査時間は最短で30分。融資までの時間でも最短で1時間と、令和元年(2019年)もおすすめできる一番人気の最大手消費者金融です!

    • 保証人
    • 不要
    • 担保
    • 不要
    • 借入診断
    • 可能
    • アルバイト
    • ご利用可能
    • パート
    • ご利用可能
    • 遅延利息
    • 20.0%
    保証人 担保
    不要 不要
    アルバイト パート
    ご利用可能 ご利用可能
    借入診断 遅延利息
    可能 20.0%

    (※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。)

     

    プロミスは本人確認書類だけで借りれる?

     

    プロミスとの契約には面倒な書類の準備はほぼ必要なく、本人確認書類だけで借りることも可能なので手間がかからず手軽ですよ。

     

    カードローンを利用したことのない方からすると『申込から契約まで』の手続きがとても面倒なイメージがあるかも知れませんね。その中でも大変そうなのが『書類の提出』ではないでしょうか?

     

    「準備とか、めんどくさそうだなぁ」って考えてしまうのもわかります。ですがプロミスの場合は面倒な準備はありません。

     

    たった1つ『本人確認書類』さえあれば、契約までに他のものは不要で借り入れすることも可能なのです。

     

    たった1つの書類をデジカメで撮影したりスキャナで読み取ってメール添付で送るだけですから、実際にやってみれば楽々だという事が分かりますよ。

     

    「書類の提出はとっても複雑そう」と思い、カードローンへの申込みを躊躇っているとしても、この場所ならば安心です。

     

    本人確認書類だけでいける条件は?

     

     

    提出書類を本人確認書類のみでプロミスと契約にするには『借り入れ希望限度額が50万円以下であり、他社との利用残高と借り入れ希望限度額の合計が100万円以下である』という条件を満たすことです。

     

    そして提出書類に関しては絶対に必要となるのは『本人確認書類』です。


     

    他社に申し込んだ際には必要になることもある『収入証明書』は、前述の借り入れ希望限度額に関する条件を満たせば提出を避けることが可能です。

     

    ちなみに提出はネット経由で容易に行うことが出来るので、提出するものが少なくて準備が楽なだけでなく書類を送る手間もほとんどかからないで済みますよ。

     

    また、プロミスへの申込みには『20歳以上69歳までであること』という年齢条件と、正社員だけでなくパートでもアルバイトでもOKの『安定した収入があること』という収入に関する条件を満たせば大丈夫です。

     

    >プロミスの詳細はこちらからです!

     

    各社で違う適用条件はしっかり確認!

     

      本人確認書類だけで融資をしてもらえる条件は各社で異なるケースもあります。ここではプロミスの条件を掲載していますのでしっかりと確認をしておいてください。緊急時でも大事な情報はしっかりと把握しておくことが一番早くお金を貸してもらうためには大事なんです。お急ぎの時に早く乗り切りたいならまずは『確認』です!

     

    本人確認書類として有効なのは?

     

    書類提出をプロミスに行う際に本人確認書類として有効なのは運転免許証だけでなく、他の様々な書類でも対応可能なのです!

     

     

    多くの方がいつも手元に持っていて本人確認書類として利用可能なのが『運転免許証』です。とは言っても全ての方が免許証を持っているわけではありませんよね。

     

    そんな時にもプロミスでは『パスポート』や『健康保険証』でも問題ありません。

     

    ただ来店による契約の場合は、健康保険証を提出する際にはあわせて住民票などが必要となりますのでご注意ください。


     

    本人確認用の書類に記載されている住所が現住所と違っている場合は、発行六ヶ月以内の現住所が記載されている『納税証明書・社会保険料や公共料金の領収書・住民票』などのうちのどれか1つが必要となります。

     

    様々な書類が利用可能ですので、お手持ちの中で使いやすいものをお選びいただければOKですよ。

     

    プロミスの必要書類

     

    提出はWEBからできるの?

     

    プロミスのフリーキャッシングを契約する際、WEBから本人確認書類を提出することができます。

     

    WEBから提出する3つの方法

     

    ・先ず審査通過後に送信される本人確認書類の提出依頼のメールがあり、添付されているURLにアクセスしてアップロードするという方法があります。

     

    ・次にプロミスの専用アプリから提出するという方法があり、アプリを起動しスマートフォンのカメラで提出書類を撮影して提出するという方法もあります。

     

    ・そのほか、パソコンから審査通過のメールに添付されたURLへアクセスしスキャナで取り込んだ画像を提出するという方法もあります。

     

    ただし、カメラで撮影したり、スキャナで取り込む際、マイナンバーカードや住民票などはマイナンバーが記載されている箇所の加工が必要となります。

     

    提出の時には2つのポイントに注意!

     

    WEBから本人確認書類や収入証明書類を提出できるプロミスですが、書類の提出時には2つの注意があります。

     

    先ず、運転免許証やパスポート、顔写真付きのマイナンバーカードは追加書類の提出はないものの、健康保険証の場合は住民票の追加提出が必要になります。

     

    急いでいる時でも健康保険証しかないという方は、WEB完結を利用する際には空き時間を利用して住民票を準備する必要があります。

     

    2つ目の注意として、就職や転勤、引っ越しにより本人確認書類に記載される住所と現住所が異なる場合、追加提出資料が必要になり、公共料金の領収書や住民票の写しを準備する必要があります。

     

    ただし、公共料金の領収書はより注意が必要であり、記載される契約者氏名が自分自身とは限りません。

     

    追加提出資料としては、契約者本人と確認できる領収書となるため、公共料金の契約が自分自身では無い場合、住民票の写しを準備する必要があります。

     

    マイナンバーカードを使う時の注意点

     

    個人情報保護の対策において安心ができるプロミスですが、提出書類すなわち本人確認書類や収入証明書にはより万全に対策を契約者も行う必要があります。

     

    本人確認書類として運転免許証、パスポートや顔写真付きのマイナンバーカードのほか、健康保険証プラス住民票のいづれかが必要です。

     

    しかし、マイナンバーカードや住民票についてはマイナンバーが記載されている部分を黒く塗り潰しての提出が必要になります。

     

    同様に収入証明書においてもマイナンバーの記載がされていることもあり、該当箇所を塗り潰すことが重要です。

     

    スマートフォンやパソコンから画像データで提出ができるものの、急いでいる中で画像の加工漏れが生じてしまう可能性があります。

     

    心配や不安がある方はここをチェック!

     

    本人確認書類だけでも契約できると聞いても「自分は大丈夫だろうか?」と不安を感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

     

    そんな初めて利用しようと考えている方が安心して申し込めるように幾つかの注意点を記載していきたいと思います。

     

    まず、自分に申込資格はあるのかと心配される方のために申込資格を復習してみましょう。

     

    年齢制限として20歳から69歳までという条件があり、それに加えて安定した収入があることが必須となります。

     

    安定した収入とは主婦であれ学生であれ月々定期的に仕事を行っている事と言い換えることもできます。

     

    収入の目安は特段ありませんのでパートの方でも十分に資格があると言えるでしょう。

     

    審査の際にはお仕事先の情報(所在地や電話番号など)が必要となりますので、それはしっかりと準備しておいてください。

     

    次に免許証などの本人確認書類だけで本当に契約出来るのかと不安な方は次の点を確かめてください。

     

    それは50万円以下の貸付申請としているか、プロミス以外の金融機関からお金を借りていないかという点です。

     

    住宅ローンなどは他社からの貸付には含まれませんが、クレジットカードのキャッシング枠を利用している場合はこれに該当する可能性がありますので注意してください。

     

    こうした点をクリアしていれば原則的には本人確認書類だけで利用することも可能です。

     

    これまで利用したことがない方にとっては審査に関しては不安が多いかもしれませんが、パートの主婦の方や学生さんなど大勢の方が新規申請を行い利用しておられることを考えると、それほど心配する必要はありません。

     

    まずは公式サイトの借入シミュレーションでチェックをしてみてはいかがですか。

     

    お借入シミュレーションの画像

     

    安心して緊急時を乗り切るなら!

     

      やっぱりプロミスに頼るのが一番安心です。本人確認書類だけでの契約ができるというシンプルな申し込みと最短30分での審査回答という速さもあります。また最大手で大手銀行グループの一員であるという社会的信頼性も高いのも大きなポイントですよね。緊急時だからと言って妥協するのではなく最高レベルのサービスを行っている会社を選んでください!

     

    自営者は本人確認書類以外で何が必要?

     

    プロミスは本人確認書類による契約も可能であることはこれまでも考えてきたとおりですが、自営業者や個人事業主でも同じように使うことができるのでしょうか?

     

    口コミなどを見る限り可能なケースもあるようです。しかしご存知のように自営業者は一般的に収入が安定していないとみなされるケースも多く融資を受けるのが難しいと言われていますよね。

     

    そのことを考えると契約の際には本人確認書類に加えて収入証明などを提出することでよりスムーズに契約を行える可能性があります。

     

    自営業者の方にとって収入証明となるのは市町村などが発行する納税証明書や収入証明書などが一般的です。また確定申告の写しなども役立てることができます。

     

    こうした点はネットで申し込み手続きを行った後にプロミスに相談することができます。

     

    プロミスの融資は生計費を目的としたものですので事業費としての利用は認められていませんので注意が必要ですが、一時的な生活の危機を乗り切る点でスピードある借り入れは、緊急時を早く乗り切るのに効果的なはずです。

     

    自営業者だから無理だとあきらめるのではなく必要となりそうな書類を良く準備して、24時間受け付けているネットから申し込んでみてください。

     

    最新のデータになっていますか?

     

      本人確認書類として有効なのは、最新のデータが記載されたものです。時折プロミスの申込で見受けられるのが、引っ越した後などで住所が以前のものだったり、結婚後に旧姓のままの免許証などの提出をされるケースです。こうした場合にはさらに確認のための提出が求められます。事前にチェックして最新のものを準備しておきましょう。

     

    収入証明書を出すメリットもあり!

     

    本人確認書類のみで使えるプロミスですが、収入証明書の提出を求められていなくても、提出することで『お得に使えるポイント』を増やすことが出来るんです。

     

    この借入先には『プロミスポイント』という制度があり、ポイントサービスへの加入(100P)や毎月の会員サイトへのログイン(10P)などなど様々な行動によりポイントを増やしていくことが出来ます。

     

    その中の1つとして『収入証明書類の提出』があるのですが、この場合は160Pという大きなポイントをゲットすることが出来ます。翌月の末日まで提携ATMでの手数料を無料にするサービスを40P消費することで利用出来ます。

     

    さらには250Pあれば7日間の無利息期間が利用出来るのですが、ポインドサービスへの加入と収入証明書の提出で得られるポイント(計260P)で足りてしまいます。

     

    ですから求められなくても自ら収入証明書を提出するだけの価値がありますね。

     

    少ない提出書類で緊急時を乗り切る!

     

      プロミスは条件を満たせば本人確認書類だけでの利用ができるので緊急時などの急いで貸してほしい時には本当に便利に使えます。提出方法もネットでアップロードすればすぐに完了しますので初心者の方も分かりやすいはずです。30日間無利息サービスや低利での貸し出しなどの魅力もあって人気度も高く安心して使えます!

     

    無担保で保証人も不要です!

     

    提出するのが本人確認書類だけで済むとしても『担保や保証人』が必要だとしたら契約するのも容易ではありませんが、プロミスは担保も保証人も不要のカードローンだから安心です。

     

    もしも支払いが滞ってしまった時の保証となるのが担保ですが「きちんと返済するんだから不動産を担保に入れても平気!」なんて思ってませんか?

     

    確かに返済を順調に行なえば担保を取られることはありませんが『担保に入れる』ということは様々な手続きが必要とな大変です。

     

    保証人に関しても、誰も好き好んで保証人になってくれることは無いはずです。印鑑を押してもらう相手を探すのも一苦労ですし、印鑑を押してもらえても人間関係に悪影響を及ぼす可能性はかなり高いかも知れないのですから。

     

    でも『担保・保証人不要』のプロミスならそんな心配も危険もありません。『余計な手間や心配』は無ければその方が良いに決まってますよね?

     

    レディースプロミスも本人確認書類で!

     

    プロミスはレディース専用サービスでも本人確認書類だけで契約することも可能です。

     

    この際に有効なのは、運転免許証が一番一般的ですが、お持ちでない方はパスポートを使うこともできますし、保険証に加えたもう一点証明となる書類を提出することでも可能です。

     

    つまり一般向けサービスと同じ条件で審査を受けることができるわけです。

     

    でもレディースプロミスであればはじめて利用される兼業主婦などのレディースの方がより安心して審査を受けることができるため女性の方にはこちらを利用することをおすすめしています。

     

    もちろん契約までのスピードも遜色ありませんので、緊急時を早く乗り切りたいとお考えの方も納得されるはずです。

     

    最大30日間の無利息サービスや評判の良い各種会員サービスなども満足されるに違いありません。

     

    申込にあたっては当サイトのリンクバナーから公式HPのレディースキャッシングにジャンプしていただくとスムーズにアクセスしていただけます。