キャッシュカードプロミス

プロミスの公式ページを読む

最速で申込手続きできる所はドコ?

プロミスのキャッシュカードは?

> 本日中に作れるカードは <

 

 

最短即日融資
来店不要
30日間無利息
年利 4.5%~17.8%
1万円~500万円まで

>詳細はコチラ

最短即日融資
来店不要
30日間無利息
年利3.0%〜18.0%
1万円〜800万円まで

>詳細はコチラ

最短即日融資
来店不要
バレずに借入が
年利3.0%〜18.0%
1万円〜800万円まで

>詳細はコチラ

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。ランキングは年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。【プロミス】※30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。【モビット】※SMBCモビットは原則24時間最短3分でお振込可能です。フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

プロミスの特徴は?

 

審査は最短で『30分』

 

プロミスはキャッシュカード作成の審査時間は最短で30分です!それに加えて申し込みは24時間いつでも受け付けられていますので、あなたのタイミングにあわせていつでも可能です!

 

日本全国でどこでも使える!

 

業界でも指折りの規模の提携先を有しているプロミスは、全国どこに行っても提携しているATMを使う事が可能です。また口座への振込融資にも対応しています。

 

カードなしの利用も可能!

 

特徴としてカードレスでの利用にも対応している点です。この場合はあなたの口座への振込による形で利用する事ができます。この際の手数料が無料なのもうれしいですね!

本日中にキャッシュカードを作るなら!

 

「プロミスのキャッシュカードは本日中に作ることができるの?」とか「最速で申込手続きを完了させたいけど、そんな時はどんな方法がオススメ?」などなど、非常時で何が何でも今すぐお金が必要な時はどこを使うかというだけでなく、どんな方法で行うかも重要になってきますよね。

 

そんな時に頼りになる強い味方であるプロミスのキャッシュカードの発行時間を調べてみると、最短で1時間でカード発行も可能になりますので、最速で貸付てもらいたい時にはかなりオススメのサービスの一つと言えるでしょう。

 

でも、無利息サービスの期間の長さや来店不要で借り入れができるのかとか、審査時間や年齢制限など、細かい利用条件に関しては知らない点もまだまだたくさんあると思います。

 

そこでこのページでは、すぐにでもキャッシュカードの発行を行いたい人に対して、分かりやすく基本サービスの説明をしていきますので、コチラで契約前にしっかりと学んでおきましょう。

 

土曜日や日曜日でも借りれる?

 

プロミスでは、早ければ申し込みをした当日の間にキャッシュカードでの借入をすることもできます。

 

これは土曜日や日曜日でも同じことが言えます。また最短であれば申し込みをしてから1時間ぐらいで借りることが出来ますし、店舗だけでなくスマホやパソコンで申し込みをしても同じ速さで利用することができます。

 

そのため、急に現金が必要になったという場合でも、慌てずに対処することが出来るのが、選ぶ際の大きなメリットとなります。

 

これら多くのメリットを考え合わせると、活用する価値は非常に大きいといえます。

 

また、審査に完了後通常ではネットでのスピーディな振り込みがあります。特定の銀行口座(例、三井住友やジャパンネット)があればできます。

 

あとは無人契約機に自らが出向いて行って契約する前にある程度ネット申し込みで登録等をすれば、電話やメールで審査結果もわかりますから安心だと言えるでしょう。

 

身分証明書は運転免許証か顔写真入りのものが最適です。顔写真が無い証明書は、二種類もしくは三種類提出になる可能性がありますのでキャッシュカードを作る時は注意しましょう。

 

借り入れの際はどうやって借りれるの?

カードローンなので、基本はプロミスATMや三井住友銀行のATMを利用して借り入れを行います。

 

しかし、そうしたいわば直営のATMが遠い場合やインターネット上で金銭のやり取りを行いたい場合は三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座をお持ちであれば、「瞬フリ」をおこなうと原則24時間365日、最短10秒で口座へ振り込まれます。

 

もちろん他行のご利用であっても平日は銀行振込と同様の時間帯でご利用が可能です。

 

素早い対応で評判!

 

 プロミスは審査の速さに定評のある人気サービスです。口コミを見ても契約までの時間の短さで評判となっています。

 

土曜日や日曜日でも審査を行ってくれますので、最短60分でお金を借りる事も可能です。

 

キャッシュカードは郵送以外にも自動契約機での即日受け取りも可能(営業時間は9:00〜22:00※一部21時もあります。)ですので、素早い利用がいつでも期待できますね!

 

キャッシュカードはどこで使える?

 

キャッシュカードはプロミスのATMでもちろん使えますが、セブンイレブンやローソン、ミニストップなど全国チェーンのコンビニに設置されているATMでも使えます。

 

地方によっては地場のコンビニのATMでも使えます。チェーンによっては払い出しが1万円単位だったりすることもあります。また三井住友銀行のATMでも使用可能になっています。

 

一番便利なのはセブン銀行のATM利用が利用可能時間も長く、すぐに見つけられるのでオススメです。

 

プロミスのお得な使い方は?

 

リボルビング払いなので、必要な時に必要なだけ借りることができます。返済を滞ることなくしっかり行っていれば、困ったときは限度額の範囲内であればいつでも追加融資が可能です。

 

また初回利用から30日は利息がかかりませんので、30日以内にまとまった額を返済すれば利息がかからず元金を減らすことができます。

 

さらにスマホのアプリを活用したら24時間ATMを利用できますので、夜中の急な出費などにも対応できます。

 

全国どこでも!

 

 プロミスのキャッシュカードは全国チェーンの大手コンビニの多くで利用可能です。

 

つまり24時間各地でお金を借りる事ができる(営業時間は店舗により異なります)という事です。

 

それに加えて振込による貸付もサービス拡大中ですので、全国どこに住んでいても便利に使えることは間違いありません!

 

手数料無料で振込入金を行ってくれますので余分の経費を心配せずに済むのもありがたいですね。

 

キャッシュカードを使わない独自サービス!

 

WEBから申し込むと、口座振替を前提とした取引が可能になります。またアプリを使用して振り込み融資をしてもらうことも可能なのでこちらもカードレスのサービスになります。

 

口座振替を使うとその後の追加融資も時間帯によっては即日で対応してもらえますし、返済の期日を考えずに自動で引き落としてくれるので返済忘れもなく便利に使うことができます。

 

アプリも併用して使うとリアルタイムで借り入れ状況や引き落とし日などが確認できますので、キャッシュカードを使ってATMなどで確認する手間も省けます。

 

職業や勤務先、年齢制限や必要書類は!?

 

プロミスのキャッシュカードを作る際、職業によって申込みが制限されるということはなく、パート雇用やアルバイト雇用といった雇用形態の人でも安定した収入と一定期間以上の勤続期間があれば申込み可能です。

 

勤続期間については、申込みの時点で現在の勤務先に長く在籍している方が有利と言われています。

 

しかし勤続年数がどれくらいないといけないかという明確な基準は明らかにされていません。こうした点は総合的に判断されるとしかいう事はできません。ですからあまり気にせずに申し込んでみるというのが一番の正解です。

 

それと、このサービスは年齢が20歳以上69歳以下であり、申込み者本人に安定した収入があれば基本的に誰でもキャッシュカード発行の申込みを行うことができます。

 

なお契約の際に必要となる書類については、利用限度額が50万円までの申込みであれば本人確認書類のみ、限度額50万円超えの申込みについては本人確認書類と収入を証明できる書類が必要です。

 

アルバイトやパート、学生や介護士でも!

 

本人にアルバイトやパートで安定した収入が有るようであれば、学生でもキャッシュカードを作ることは可能です。この原則があてはまる派遣社員・契約社員も同様に作成することが可能です。

 

収入証明書類は50万円以下の借り入れや、他社合計100万円以下の場合は提出不要ですが、用意、提出を行って安定した収入を証明することが審査通過への近道となります。

 

またレディースキャッシングという、女性オペレーターに相談しながら申込みができるサービスも用意されているので、初めてキャッシュカードの申込みをするという女性でも申込みがしやすくなっています。

 

なおレディースキャッシングの商品概要などについては、キャッシングローンと同等となっています。もちろん安定した収入さえあれば、通常主婦の方や介護士、看護師等でも借り入れができます。

 

わたしでも申し込める?

 

 プロミスは年齢条件(20歳以上69歳以下)と本人に安定した収入があるという基本的な条件を満たしていれば申し込むことができます!

 

公式サイトでもパートやアルバイトの方でも条件を満たせば審査結果の上で利用できると明示されています。

 

プロミスとの契約が初めての方であれば、30日間無利息サービスもありますので、支払い負担を大きく減らすチャンスです!

 

※30日無利息サービスはメルアド登録とWEB明細登録が必要です。

 

金利や無利息サービスは他社から見てお得!?

 

2017年11月27日時点で、実質年率は4.5%から17.8%、利用限度額は1万円から500万円までという貸付条件が明示されています。

 

なお、プロミスのキャッシュカードの利用が初めての人がEメールアドレスの登録をしてWEB明細サービスの利用登録を完了させることで、30日間無利息で借り入れができるようになるサービスも実施されています。

 

アコムと比較した時のプロミスの長所は!?

 

今日中にどうしてもキャッシュカードを作って融資を受けたいという場合、消費者金融系のカードローンのうち即日融資に対応している会社に申し込む必要があります。

 

有名どころとしては、消費者金融系のカードローンで有名なのは、三菱UFJフィナンシャル・グループの「アコム」とSMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンスが提供するサービス「プロミス」です。

 

この両者を比較した場合、プロミスの長所としては、まず、少額の融資を受けた場合の利息(実質年率)が低いということが挙げられます。アコムの実質年率の上限は18.0%ですが、プロミスは-0.2%低い17.8%となっています。

 

一見するとわずかな差にも思えますが、借入期間が長くなればなるほど元本返済への影響も大きくなることから、長期的に利用する場合に想像以上に大きな影響となる可能性があります。

 

また、この両者は即日融資と30日間無利息サービスに対応しているのですが、この期間がアコムは契約日の翌日から30日間であるのに対し、プロミスは初回借入の翌日から30日間であるため、今日契約をして今日中に融資を受けるという場合を除いては、プロミスのキャッシュカードの方が有利になります。

 

(ただし、プロミスで30日間無利息サービスを受ける場合には申込時にメールアドレスの登録とWEB明細にすることが必要です。)

 

違いが分かれば良さが見えてくる!

 

 プロミスとアコムは消費者金融の2大ブランドです。どちらも評価が高く安全性にも信頼が置ける安心のブランドです。

 

プロミスの良さは独自のサービスを多く行っており初めての契約の方も長く利用している方もお得に使える点です。

 

キャッシュカードを使う方もなしで手軽に行いたい方も不自由さを感じないでしょう。

 

アコムは基本サービスがしっかりしているため誰もが安心して使えるのがメリットです。

 

2大ブランドのどちらを選ぶとしても質の高いサービスを期待できますが、両社の違いを知ればもっと賢く使えますね!

 

振込キャッシングはプロミスとアコムは違う!

 

キャッシュカードを作って生活費などを借りる際に利用する消費者金融の代表的な存在なのが、プロミスとアコムです。

 

この二つの業者は消費者金融業界の中でも「振込みキャッシング」という、銀行口座にお金を振り込んでもらう事で借入するサービスが優れている事で有名ですが、この2社では違いがあります。

 

プロミスの振込キャッシング(瞬フリ)は、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば24時間365日最短10秒で振込んでもらえます。

 

アコムの振込みキャッシングは、楽天銀行の口座を持っていれば24時間365日最短1分で振込んでもらえます。

 

プロミスやアコム、ACマスターカードの違いは!?

 

生活費などを借入したい人にプロミスとアコムはどちらも大人気なキャッシュカード業者ですが、日常的により少ない負担で利用したい人にはアコムがおすすめです。

 

プロミスは独自のポイントサービスによって、ポイントを貯めれば提携ATM手数料や利息を一定期間無料にできますが、アコムは「ACマスターカード」というクレジット機能とキャッシング機能を併せたカードを発行してくれます。

 

このACマスターカードのクレジット機能は実質年率が10.0%〜14.6%であり、世界中のMastercard加盟店で利用できるので日常的により少ない負担で利用できます。

 

ポイントサービスでもう一度!

 

 プロミスの魅力の一つが独自の会員ポイントサービスがある点です。

 

他社ではあまりないサービスですのでプロミスを選ぶメリットの一つとなるでしょう。

 

ポイントを貯める事で、お得な無利息サービスを繰り返し使う事が可能ですので、繰り返し利用される方や自分のペースで返済を続けておられる方にとっては大きな助けとなるはずです。

 

ちょっとした工夫でポイントはしっかり貯める事もできますので公式サイトでポイント獲得条件を確認しておきましょう。

 

優れている点は『おとくらぶ』のおかげ!

 

生活費だけでなく、レジャーやグルメなどをよく楽しんでいてその費用の調達の為にキャッシュカードを利用するような人には、アコムよりもプロミスがよりおすすめです。

 

プロミスには、会員限定の優待サービス「おとくらぶ」があります。

 

この優待サービスは、アミューズメントパークや映画館、スパ、レストラン、ホテルなど国内外20万ヵ所以上の施設を優待割引価格で利用できるようになります。

 

しかも、新規契約から6か月、或いは完済後6か月までは借入をしなくても、おとくらぶの優待割引だけを利用する事も可能となっています(6か月以上借入がないと利用できなくなります)。

 

プロミスやアコムの『無利息期間の違い』はなに?

 

最近はスマホの普及によって何でも便利に利用したり登録したりできますが、ローンサービスもスマホで借りる事ができるものが増えてきています。

 

特に大手のものだとスマホからキャッシュカードなしで使えるだけでなく、無利息期間がついてくるものもあります。

 

無利息期間内は文字通り利息がかからずに借入できて、その期間内に返済すれば借入額だけの返済で済みますし、完済できなくてもその時点での借入残高から利息を計算してもらえるのでお得にキャッシングすることが可能です。

 

それと、スマホで借りる事ができて無利息期間がある大手キャッシュカード業者ですと、プロミスやアコムが有名です。

 

両方とも大手で実績もあり、初めてキャッシングをする人でもわかりやすく借りやすいローンサービスです。無利息期間は両方とも30日間ありますが、プロミスの無利息期間は初めての借入日から数えて30日間になっています。

 

また、申込時にメールアドレスの登録とWEB明細にすることが必要です。

 

アコムの場合は契約日の翌日から数えて30日という違いがあります。また、アコムの場合は返済のサイクルを35日ごとにして申し込む必要があり、両社に若干違いがあるので自分にあった方を選ぶ事が大切です。

 

SMBCモビットと比べた時の長所は!?

 

SMBCモビットとプロミスのキャッシュカードを比較して、プロミスが有利な点として無利息サービスがあることが挙げられます。

 

(30日間無利息サービスを受ける場合には申込時にメールアドレスの登録とWEB明細にすることが必要です。)

 

例えば今日中に特に最初の出金においてある程度まとまった金額の借り入れる場合には、数千円という差が生じる可能性もあります。

 

また、今日中に振込での借入を行いたいという場合に、「瞬フリ」という曜日は問わず24時間最短10秒の振り込み融資が行えるというサービスがあるのも優位な点です。

 

(三井住友銀行・ジャパンネット銀行・ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行の口座をご登録頂ければ、24時間最短10秒で振込み可能。)

 

振込での借入に大きな違い!

 

 プロミスとSMBCモビットもよく比較される人気のサービスです。

 

どちらも共通して言えるのがWEBサービスが充実していてスマホやパソコンから利用したい方に特におすすめサービスだという点です。

 

大きな違いは無利息サービスの有無と振込サービスの違いです。

 

プロミスはこうした点でより便利なサービスを展開していると言えそうです。

 

特に振込による借入を多く利用する可能性があるならプロミスを一番おすすめします。

 

また初めての利用となる方へのサービスでもビッグなボーナスが準備されています。

 

瞬フリができる分、アコムよりもオススメ!

 

プロミスに向いているのは、今日中に融資を受けることを希望している人です。

 

即日融資はキャッシュカード業者の中でも一部の業者しか行っておらず、その中でもプロミスは「瞬フリ」という24時間振込融資を受けられるサービスがあるため、契約などの所定の手続が無事に完了すれば、夜遅い時間でもその日のうちにキャッシュカードなどで融資を受けることが可能になります。

 

(瞬フリは三井住友銀行・ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行の口座をご登録頂ければ、24時間最短10秒で振込み可能。)