お金の学校ASAFAGA

すぐにでも始めたい役立ち節約術で貯金生活へ

生活を少しでも楽にしたい!将来に備えて貯金をしたい!そんな風に考えているならぜひともこのサイトの情報を活用してください。貯金をするために必要な節約術をここでは掲載していきます。

本当は誰しも貯金をしたいと考えていると思うのですが、なかなかうまくいかずに気づいたら毎月残高はピンチという方もいらっしゃるのではありませんか?でも少しだけ考え方や見方を変えるだけで、驚くほど出費を減らして貯金に回すことができるんです!

もちろん各家庭によって生活スタイルは異なりますので、提案されている事柄のすべてがあてはまる訳ではないと思いますが、この体験談や口コミを読むことで、自分の生活のどこを意識すれば節約につながるのかが分かると思います。

後はあなたが状況にあわせてアレンジして使ってみるだけです。わずかな積み重ねが将来を助ける大きな貯金になることも夢ではありません!エンジョイしながらできる、そんな楽しい節約方法を集めてみましたので、最後までぜひみてくださいね!

一人暮らしなら総菜を

一人暮らしをしたとき思うのが、一人なのに意外と食費がかかるなぁということです。仕事して帰ってきてから自分で作る気にもなれず、外食ばかりしていたのでかなり食費にお金が飛んでしまっていました。

どうにかできないかと親や友人に聞いたりネットで調べたりして、私がまず挑戦したのが自炊です。

しかし食材を買って調理し、それを賞味期限内に食べきるというのが思ったよりも難しく、なかなかうまくいきませんでした。

疲れて帰ってきて寝る時間も近いのに、毎日仕事終わりに自炊なんてなかなかできるものではありません。

次に、お米だけは家で炊くようにして、おかずはスーパーなどで安売りしているお惣菜などを買うようにしてみました。

それまであまり利用することがなかったのですが、スーパーなどは閉店間際にいくとお惣菜などが半額で売っているんです。これを利用すれば自炊するよりも安く色んな野菜やお肉を摂取できることもありますよね。

それにお米だけなら毎日炊くのもそんな面倒なことはないので続けることができます。お惣菜にはメリットがたくさんです!

まず、だいたいのものはレンジであっためるだけで食べられるところです。そしてパックなどに入っているのがほとんどなので、わざにお皿に移したりする必要もなく洗い物も少なくて済みます。

これでガス代や水道代も少し抑えられると思います。かなり細かいことですが、こういうちょっとした節約をすることが貯金につながると思います。もし一人暮らしをすることがあれば気を付けてみてください。

自然に貯まったお金よりも、自分で節約して貯めた貯金は、よりいっそう大切に感じることができるはずですよ!

ちょこっと上乗せ入金

貯金というものは、いざ実行しようと思っても「目標設定をする」などの意識高い系のスキルが要求されて、なかなか気軽に始められないものです。そこでおすすめの方法は、銀行口座を使った「ちょこっと上乗せ入金」です。

例えば銀行振込が必要な時に入金しますよね。10,000円が必要な場合、プラス1,000円して11,000円入金するのです。プラス金額は500円でも構いません。こうすれば必要金額から余った分が、無理に「貯金をしよう!」と気合を入れることなく、無意識に少しずつ貯まっていくという訳です。

コツは、振込や引き落としの金額を入金する時に残高照会をしないということです。どれだけ口座に残っていようが、毎回必ず必要な金額にちょこっと上乗せして入金するのです。

少し手間ですが、お給料など入金予定がある口座と引き落としや振込に使う口座を分けていると、よりやり易くなると思います。銀行口座での取引を比較的よく使う方には向いている貯金のやり方だと思います。

そして一定金額が貯まったら、お給料など入金予定がある口座、もしくは別に貯金専用の口座を開設しておいて、そちらへ移しておきます。

そうすれば、せっかく貯めたお金を引き落とされたり振込に使ってしまったりすることはありません。このような習慣をつけておけば、自然と口座に貯まっていくのです。

ダイエットも貯金も気軽に無意識に自然に続けられる方法が一番良いですよね。油断をすると一気に努力が消えてしまう点も同じですので、苦痛になりすぎない程度にしておきましょう。

ちょっとした事の繰り返しで

私が貯金につながる節約で意識していることは普段の生活の中にあります。食に関していうと外食をせずに自炊しています。買い物も大量買いではなく、こまめに少しずつ買い、無駄な買い物をしないようにしています。

お菓子や炭酸のジュースなど間食用の食べ物もあまり買いません。自炊するときも水の出しっぱなしや冷蔵庫の開ける時間にも気を付けています。お風呂では、追い炊きをしないように時間をあけずに入ったり、シャワーにも少ない水で水圧が変わらなくしてくれるアイテムを活用しいます。洗濯をする際もお風呂の水を使っています。

テレビや炊飯器なども使わないときはコンセントを抜いたり、長い間家を空ける場合はブレイカーを落としたりもしています。家にいるときはWi-Fiを使用し月々のデータ使用料も最小減に抑えています。

私の家では電気のつけっぱなし、水の出しっぱなしはご法度です。私は我慢をするのが苦手なのでこうした普段の生活の中でちょっとした事の繰り返しで節約できることをしています。

当たり前のことをしっかりと

貯金につながる節約は当たり前のことをしっかりと行うことです。

まず一つ目は使わないコンセントはこまめに抜いています。待機電力もバカにできないので意外とこれは節約には良いそうです。

二つ目は掃除をする時に使う掃除機なのですが、強でかけるのではなく、標準ですることです。標準が一番電気をくわないですし、汚れもとれるそうです。

そして三つ目が洗濯機です。洗濯機は必ず前の日のお風呂の残り湯を使います。これはとても水道料金が変わってきます。我が家ではすすぎを二回しておりますので、一回めのすすぎも残り湯でしております。

そして四つ目が冷蔵庫の扉の開け閉めは極力しないことです。一度トビラを開けて温度が上がると再び冷やすのに電気代がかかるそうです。

そして五つ目がこれまた冷蔵庫ですが、中に冷気が逃げにくいシートを貼っています。

そして六つ目がこれまた冷蔵庫なのですが、冷蔵庫内はあまりものをつめすぎないこと。そして冷凍庫内はものをいっぱいに入れてギュウギュウにすることです。

そして七つ目が暖房や冷房を入れる時の風量です。これは強にしてしまうとすごく電力がいりますので、必ず自動にしてください。

そして八つ目がトイレの蓋を閉めることです。こちら便座の蓋を開けてしまっていると、閉めているときと比べて電気をくうそうです。ちょっとしたことですが、日々の積み重ねが大事です。塵も積もれば山となるです。

そして九つ目が、洗い物です。食器なので抵抗がある方はあると思いますが、こちらもお風呂の残り湯で先につけておいて、汚れを浮かしてから洗うようにしております。

お風呂の残り湯大活躍です。本来捨てるお水ですので、水道代がかなり浮くようになりました。一度試してみてください。汚いと思うかもしれませんが、ちゃんとそのあと洗剤できれいに洗いますので大丈夫ですよ。節約と思ってぜひおためしください。

ポイントサービスで

様々なポイントサービスが増えてますがクレカを持つと買い物すべてにポイントがつくようになります。しかしクレカをもてない人も中にはいると思います。

そんな方にはデビットカードがオススメです。デビットカードの中さらにオススメしたいのが楽天銀行のVISAデビットカードです、ほとんどの還元率が0.5パーセントですが楽天銀行のVISAデビットカードは還元率が1パーセントになります。

さらに年会費無料ですしあらかじめ楽天銀行に入れている預金をコントロールすれば無駄遣いを減らすことになります。ちなみに私はまれにVISAが使用できないお店もあるのでりそなJCBデビットも所有してます。

最近はポイントカードが多いので、どれか一つに絞って集めるのが一番お得なんじゃないかと思いますよ。

オークションに出品

最近ネットオークションを始めました。出品の方がメインです。不用品を、どうしても勿体ないと思ってしまい捨てられず困っていたので、思いきって始めてみることにしました。最初はどんどん物を処分できて勿体ないともあまり思わず、これは素晴らしいなと思っていました。

しかし段々とネットオークションには問題点もあることに気づいたのです。問題点とは、落札のタイミングによってはとてもせわしなく発送作業を行わなければならないことです。近所のコンビニと家を往復するだけでもなかなか面倒なものです。

けれどあまりにも発送が遅れてしまうと落札者側から悪い評価をつけられてしまうので後々落札されにくくなり困るのです。便利なだけのシステムなんてそうそうないんだなと思い知らされました。

でも不用品は減るし、少しでもお金になるし、欲しい人の手にものが渡るので世の中にも自分にも優しい節約だなと思って続けています。

節約とは、労力を惜しまない事だと感じました。そしてそれを続けていけば自分にとっても環境にとっても、周囲の人にとってもメリットのあるものだとも思います。

キッチンペーパーを大事に

まだあまり知られていない節約方法なのかはわかりませんが、我が家ではキッチンペーパーを一枚を半分にして使っています。一枚で二回分使用できるので、単純に考えてキッチンペーパーひとつ分お得になるという考えです。

かなり地味な節約方法ですが、ちりも積もればです。キッチンペーパーはあればあったで、けっこう使ってしまいます。便利なのですぐに一度に何枚か使ってしまうことがあります。ちょっとしたキッチン周りを拭くときも、タオルを使えばいいのに、タオルを洗うのがめんどうだと、ついついキッチンペーパーに手が伸びてしまいます。

なので、少しでも節約にならないかと考えた結果、半分で使用することにしました。この方法を実践して気づいたのが、半分でもじゅうぶん事足りることが多いんです。揚げ物のときなどは足りないので、一枚分使いますが、だいたいは半分で済ませています。すぐにできる節約方法なのでおすすめです。

買い物は行かないに限る

自分で言うのもなんですが私は節約家だと自負しています。チラシを見て買い物に行く事は決してしません。安いからと他の物を余分に買ってしまうからです。私は欲しい時に欲しいものを欲しいだけ買います。

店を選んだりもしません。私は買い物が嫌いなのかもしれません。出来るだけ買い物の時間を短くしたいので近くで買います。近くても安い店のほうに足はいきます。矛盾でしょうか。

欲しい物を欲しいだけ買うと思わず高額な買い物になることもあります。高額と言っても一万円以内です。でも、私にしてはかなりの出費に感じられます。買い物に行くときはメモをとっています。メモに書いたものだけ買うようにしていますが時々メモの何倍も買ってしまいます。

買い物は行かないに限ります。節約が実ってなのか?私の息子も大学院に通っています。じいちゃん、婆ちゃんありがとう。無駄なお金は使いません。それが節約には一番だと思います。

塵も積もれば山となる作戦!

毎月貯金も危ういくらいにカツカツの生活をしています。「毎月〇万貯金」と目標を立てても達成が難しい為、私は日頃の「おつり」を利用した貯金方法をしています。

例えば今月の電気台が8700円だとした場合、口座に9000円を振り込みます。おつりの300円を貯金にまわすといった方法です。

生活費のほとんどを引き落としにしているので、少しだけ余分に振込んでおつりがちょっとでも出る様にしています。

数百円単位だと貯まるのに時間はかかってしまいますが、まだ余裕がある給料日直後などは9000円ではなく10000円振り込んで、おつりを増やします。こうした貯め方で、貯金の他に毎月最低3000円は貯金が出来ています。

そうすると段々おつりを含めた多めで振り込む癖がつく為、だんだんとおつりの額が増えていきます。どんと大きな額が手元からなくなるよりは、徐々に貯めていった方が癖付きやすく、気が付いたらこんなに貯まっている!と喜びも感じられるので挫折せずに続いています。

優秀家電を導入して外食代削減

我が家はグルメというほどではありませんが、食にうるさい家庭なのでメリハリのあるメニューを考えるのにも一苦労。どうしても外食の力に頼りがちでエンゲル係数が非常に高いです。

そこで思い切って投入したのが人工知能を搭載したオーブン、ヘルシオ。お値段はちょっと張りますが、このオーブン本当に賢いんです。冷蔵庫にある材料や、今日特売で買ってきた食材を提案すると、それらを使ったメニューを提案してくれるんです。

使えば使うほど家族の食嗜好や季節、天気などを考えて適切なメニューを教えてくれて大助かり。

家族もヘルシオが提案したメニューならと素直に食べてくれるし、食材のムダも外食費用も、メニューに悩む時間もほぼなくなり、いいこと尽くしです。外食の多い家庭なら我が家のように月に8万円前後は節約できるんじゃないでしょうか。



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。



 


同ジャンル関連ページ