お金の学校ASAFAGA

ガン保険や生命保険は口コミで人気の場所を!

「生命保険は何処が安くて安心なの?」「ガン保険で口コミで注目をされているのは何処なの?」等々生命保険や医療保険って入る前に色々と調べる必要があるので、そうした口コミ情報があるととても便利ですよね。

ちなみに私の場合は、メットライフ生命を使っているのですが、選ぶ際に保険見直し本舗に行き比較検討してみて色々と安くて有名で安全面でもしっかりとしている場所を探しました♪

そんな色々な生命保険やガン保険の中でどれを選ぶのが自分にとって最適かわからない方のために、保険にまつわる口コミ体験談を集めさせていただきました。

今後新しく加入する際の参考にしていただけるような最新の情報を集めてみました。やっぱりガン保険に入るときはしっかりとチェックする必要があるので、じっくりゆっくりと納得をするものを探してみてくださいね♪

アフラックで月々約3600円の支払い

アフラック終身保険で月々約3600円の支払いです。加入にあたりインターネットを通して様々なプランを検索しました。気になるプランの資料請求をしてから約3日で書類が届き、それからの申し込みです。

申し込みの際は、書類に必要事項を記入して返送してから約1週間で保険証が送られてしました。資料請求から申し込みまでとてもスムーズで大変良心的でした。

こ子を使うメリットとしましては、終身なので死ぬまで保険料が変わらないところです。若いうちに加入しておけばもっと月々の支払を減らすことができます。

ガンと診断されたとき入院も手術でも保険金が出るところに惹かれて加入しました。実際に手術をした際に保険金の請求をしたところ1週間ほどですぐに振り込まれましたので大変助かりました。

日本生命3大疾病保険のメリットは!

私は日本生命のがん・心臓病・脳卒中になった場合に適用されるものに加入しています。参考までに私の基本スペックを紹介しておきます。25歳独身で会社の寮で生活をしている普通のサラリーマンです。

月々に払っている値段は980円程度です。契約までにかかった時間は1週間程度でした。1週間ほぼ毎日家に足を運んでいただいて私が理解するまで説明をしてくれるくらい営業の方が熱心だったのがとても印象的でした。

月々の負担がわずか1000円弱のサービスのためにここまでの熱意があるというのが一つの良いサービスであることを証明していると思いました。

そして、この保険のメリットとしては、なんといってもがん、心臓病、脳卒中にかかった時にでる金額が600万円と続きの保険料に比べて保障が手厚いことです。もし、がんになったとしたら仕事を継続できなるリスク、治療費のリスクがありお金が必要となってきます。

そのお金が月々980円という安値でかえってくるというのはすごく費用対効果があるといえるでしょう。

総合保障2型:2000円と医療特約1:1000円とガン特約1000円

平成21年から、県民共済に加入しています。基本の総合保障2型:2000円、医療特約1:1000円、ガン特約1000円で、毎月4200円支払っています。まだ、支払い請求をした経験はないのですが共済型なので、年に一度割り戻しがあるのが魅力です。

平均20~25%くらいなので、年間での支払いは少なくて済むのでかなりお得だと思います。入院した場合の給付金は一日5000円です。追加のオプションの加入に関する電話等もほとんど無いのも面倒でなくていいと思います。今のところ他社に変更する予定はありません。

一番お得なのはスルガ銀行カードローンのガン特約!

私はスルガ銀行のカードローンと契約をしてガン保障特約付き消費者信用団体生命保険(ガン保障特約)に入りました!保険料は銀行の負担なので、お得な保険を念のため入っておきたいときにすごいおすすめできます。

当然他の銀行系のカードローン会社とかではないシステムですし、ただで入れるガン保険という事になりますので、これ以上お得な話はないです!

まあ、他にもアフラックを入っていますが、色々と安い所で入っておいて、尚且つ信頼性があれば安心ですよね。仮に安い保険に入っても、実際に入院、死亡などをしても全然保険が下りなかったら大変ですので、慎重に選ぶことが大事ですよね!

カンタン県民共済

県民共済に入っています。先進医療などのオプションをつけて月々5000円です。県民共済の優れている点は、掛け捨てですが年に一度還付金があるという点です。結構な還元率なので元々安い保険料がさらに安くなったようなお得な感じです。

県民共済に入ったきっかけは上司が入っていたからです。どれに入ろうか考えていた時、上司に相談したら手軽に入れると聞いたからです。

上司は幾つか入っていたようですが、入院した時に簡単な手続きで一番最初に保険金がおりたのが県民共済だったそうです。

私は独身ですし、とりあえず入るには良いかなと思いさっそく手続きすることにしました。上司が自分を担当してる保険員さんを紹介してくれて連絡してみると、すぐに来てくれました。

説明も簡潔で、保険のことがよく知識がなかった私にも分かりやすくて良かったです。独身なら死亡した時にいるお金はあまりいらないでしょうから、入院した時や、通院する場合の保障が充実してた方が良いとアドバイスもしっかりして頂きました。

加入する時の手続きも保険員さんの質問に答える形だけで簡単でした。今も疑問などがあれば相談させてもらっています。

自分の身の丈にあったものを選ぶこと♪

ソニー生命の生命保険に加入しています。「変額保険65歳払済A」というものです。月々3,090円で終身型です。30歳をすぎてそろそろ加入しようと思い、相談窓口にて相談から契約までお願いをしました。

保険に関して全くの無知だったため、予算から一緒に考えていただき、種類を決定していきました。相談で2時間、後日正式契約で1時間ほどかかりました。とても良心的な対応をしていただきました。

生命保険の一番の目的である死亡時の受け取り額に納得したことが最大の決め手ではありますが、将来の特別勘定にもひかれて決定をしました(もちろんデメリットがある可能性もあることは承知ですが)。

貯蓄型のように、確実に何年後にいくらもらえる、ということは分かりませんが、デメリットを理解しつつ特別勘定にも多少期待をしたいと思っています。

安心した日々を送るために!

私は第一生命に加入しています。主契約の他に様々な特約を付けることができます。月々の値段は1万円です。契約までの期間は正確には覚えていませんが、そこに入ると決めていたのですぐでした。

担当の方も丁寧に説明してくれたので、不満はあまりなかったですね。向こうも契約を取るために必死でしょうから。今の保険の気にいっているところは、幅広い特約があることですね。

死亡・3大疾患、不慮の事故により入院したときなど、様々な状況で保険から出るからです。実際にスポーツをしていて骨折をしたのですが、保険のおかげでかなり助かりました。

保険は入っていないと、いざというときにとても大変です。その時はまだ先だと考えていると本当に後悔することになります。そのために何らかの保険には必ず加入した方が良いでしょう。

県民共済だけ!

千葉の県民共済に家族で入っているだけです。老後やダンナのもしもの際のプラスαは別のところで貯めます。若い頃は会社に出入りしていた「保険のおばちゃん」に民間の損保に入っていましたが、契約や保障の内容が複雑でした。

共済は保障がシンプルだし、契約も書類を書いて送付だけで1日どころか10分でOKでした。今のところ私や主人が保険を使う機会はほとんどありませんが、子どもの分は、小さなケガ、他人のものを壊したなどわりとちょくちょくあるので、何回も使いましたがその都度電話の応対もよく、書類の送付も迅速、振込もすぐにされました。

民間の損保はいろいろ契約内容や保障内容が複雑ですが、それがシンプルで手続きもシンプルなのがメリットですね。

老後や、万が一の時のために

私は三井住友海上あいおい生命の医療保険とガン保険に加入しています。年末調整で払い戻しがあるため、加入すると国から補助が出るようなものだと感じ、25歳くらいの時に加入しました。

手元に資料がないので正確な金額はわかりませんが、二つ合わせて月々5000円くらいだと思います。中学の同級生が車の任意保険の担当者で相談したところ、すぐにパンフレットをもって説明に来てくれて、親切に教えてくれました。

最初は医療だけに加入する予定でしたが、ガンにもメリットを感じ、二つ加入しました。誕生日が近く、誕生日が来ると、掛け金が上がるので誕生日前に手続をした方が良いといわれたので1週間くらいで決断し、書類の書き方も親切に教えてくれたので、30分くらいで手続きを終えました。

掛け捨てタイプではないので、老後の不安が多少和らぎます。もし、ガンになっても高度医療を受けられるため加入しました。


同ジャンル関連ページ