お金の学校ASAFAGA

キャッシング・カードローン徹底比較

総合ランキングはコチラから

法人企業の資金調達に最適な方法

法人企業の資金調達方法を完全解説!

銀行だけに頼るのはもう古い!

法人企業や自営業者の資金調達方法は、ここ数年で大きく変わろうとしています。

銀行融資に頼っていた時代から多角的に金融機関を利用する時代へと経営者の多くがシフトチェンジしているのです。

特にこれは中小企業や新興事業者の間では顕著にみられる特徴です。

安定した資金供給を可能にするためにも、今すぐに知っておくべきなのが最新の資金調達方法です。

 
リスクを分散させるためにも複数利用を!

資金調達方法が大きく変化しようとしている理由の一つが銀行サイドの中小企業への貸し渋りです。

バブルの崩壊やリーマンショック以降は特に銀行はリスクを避ける傾向が強まっています。

ですから中小法人企業や自営業者もいつ融資打ち切りになるかわかりませんので、資金ショートというリスクを避けるためにも複数の金融機関を利用するのが時代のトレンドです。

法人企業の資金調達方法の多様化

金融機関の多様化も更なる追い風に!

融資方法が多様化しているので法人企業や自営業者にとっては新たな取引を結びやすくなっているのも注目ポイントです。

例えば経済産業省のレポートの中でも融資ではないファクタリングが有効な資金調達方法であることと記載されるなど、資金調達方法の多様化は、いわば国も認める状況なのです。

 
黒字倒産の悪夢を避ける手立てを!

バブル以降増えているのが資金ショートによる黒字倒産です。

売り上げが上がっているにも関わらず、入金サイトが長く運転資金が厳しくなり倒産するというケースが増えています。

こうした状況に対応するためにはスピーディで手軽な資金調達方法を知っておくことがポイントになります。

ノンバンク系ビジネスローン

メリットは?

一番のメリットは融資までのスピードです。最短1日で契約ができる場所も大手には見られます。

近年では24時間いつでもオンライン申し込みができて来店不要で契約までできる手軽なビジネスローンが法人企業にも人気です。

また限度額の範囲内であれば繰り返し使えるのも大きな特徴です。

 
デメリットは?

以前に比べると貸付金利は低くなったものの、銀行融資と比べると依然として割高に感じる企業経営者もいます。

また500万円~1000万円が限度額という場所も多く、まとめて借りたいという時にはボリュームが足りないケースもあります。

 
こんな時にはビジネスローン!

支払いが迫った時や資金がショートしそうという緊急事態には一番頼りになる金融機関と言えるでしょう。

一時的な利用に適していますので、不測の事態に備えて契約を済ませておくという法人経営者もいます。

全国対応している大手企業がこうしたケースではとても便利です。

すぐにでも使えるおすすめ業者

ビジネクスト
  
ビジネスローンの中でも知名度と実績が豊富でスピード面でも法人企業から高い評価を受けているのがビジネクストです。

担保や保証人も不要でオンラインでの申し込みがいつでも『2020年』であってもできるのです。

契約後はカードが発行されるため、事実上いつでも限度額の範囲内で融資を受けることができます。

 
アクト・ウィル

今すぐお金を借りたいと考えている法人の方は、アクト・ウィルに申込をすることで即日融資をしてもらえる可能性があります。

これまでに多くの中小企業に融資を実施しており、実績を積み重ねているのが特徴です。

更に、スピードにもこだわっており、最短60分審査というように短い期間で融資を行えるように取り組んでいます。

このような特徴を持っているので、事業資金に困っている法人の方は、心強い存在として頼ることができます。

 
ビジネスパートナー 不動産担保ローン

通常のビジネスローンと比較した時、100万円~10億円までのお金を借りる事ができるのがビジネスパートナーの不動産担保ローンになります。

千万単位のお金を借りたいと考えている法人や個人事業主の方は相応のお金を借りる事ができるので、様々な事業資金として活用することが可能です。

その他にも一般的なビジネスローンと比較して担保が必要になるため、事前に担保を準備しなくてはいけません。

そして担保与信・担保物権の調査があるため即日融資というわけにはいきませんが、最短5日で融資を受けられます。

このような違いが発生しており、多額の融資を実施しているのがクラウドバンク・フィナンシャルサービスです。

 
オリックスクラブカード

オリックスクレジット「ORIXCLUBCARD」は、業歴1年以上の個人事業主の方や法人格を有する事業の代表者の方が気楽に利用できる個人事業主、法人向けのカードです。

担保や保証人が不要となっており、借入限度額は最高で500万円までとなっていますので、今後早急に事業資金の追加や補充、事業拡大を考えられている事業主の方に、総量規制対象外で人気が高いオリックスクレジット「ORIXCLUBCARD」はおすすめできます。

また、オリックスクラブカードのメリットは何といっても事業資金融資であるにもかかわらず最短60分で審査が完了するというスピードの速さです。

ですからつなぎ資金や季節要因などの一時的な資金需要の高まりに対応するのにもってこいなのです。

必要な時に迅速対応してくれる金融機関は経営者のマストアイテムともいえます。

ファクタリング

メリットは?

最短即日で売掛債権を現金化できるスピードの速さがあります。

また融資ではなく債権の現金化のためバランスシートの改善が図れます。

銀行融資が難しいとされる赤字決算や税金滞納状態でも取引の可能性があるため、より多くの法人企業や個人事業主の方が利用できるでしょう。

現金化まで最短即日

>現金化まで即日のファクタリングはコチラ!

デメリットは?

売掛債権の取引となりますので、対象となる売掛債権がなければ利用する事ができません。

日本ではまだマイナーな資金調達方法といわれているため不安を感じる企業経営者の方もいますが、その便利さゆえに急速に利用が広がっています。

 
こんな時にはファクタリング!

銀行からの融資が難しそうでも資金を迅速に用立てたいなら、選択肢として非常に有効となるでしょう。

起業してからまだ間もない新興事業者でも利用できるため、ビジネスローンでの契約が難しいとされた法人企業にも利用の可能性が大いにあります。

今から申し込める推薦業者

ファクタリングのTRY

スピードとサービスの質で考えると『ファクタリングのTRY』が第一候補となるでしょう。

来店不要で最短即日契約ができるため、納税時期や社員のボーナスなどでまとまったキャッシュが必要な法人の方におすすめです。

またどちらも多くの実績がある人気業者ですので初めての利用でも安心して使えます。

 
えんナビ

えんナビはスピーディーな審査にも自信のあるファクタリング会社となっています。

30万円~5,000万円という幅広い金額にファクタリング対応しているにもかかわらず、スピード審査によって最短即日で売掛債権を現金化できるので口コミで評判となっています。

また、えんナビの信頼性は“顧客満足度”というファクタリング実績からも確認できます。

えんナビでファクタリングをした利用者の93%が満足だと解答しているのです。顧客満足度が非常に高いために、口コミでも大きな評判となっています。

 
株式会社オッティ

最短3時間で即日対応のスピードが口コミなどで話題になっているのが株式会社オッティです。

ネットでいつでも申し込みができるのも忙しい経営者から好評です。東京以外の全国どこからでも来店不要で申し込みができます。

また、売掛金の発行元に気を遣う経営者の方も2社間取引ができる株式会社オッティなら安心です。

売掛金の発行元へは連絡がされませんので信用や信頼を損なう心配はありません。

 
クイックマネジメント

売掛金の買取を目指すならクイックマネジメントが早さと手軽さで人気です。

最短30分買取のスピード実績と来店不要でWEB手続きができる手軽さから、全国の多くの経営者が利用しています。

急遽受注があるような場合や、支払いに追われる企業も少なくはないでしょう。

そうした際に、銀行や消費者金融であれば、借り入れに至るまでにある程度の時間を要するのですが、クイックマネジメントを利用することによってスピーディな資金調達に役立つこともあることでしょう。

そのために、企業の信用を失いかねない事態を回避できるかもしれません。

 
事業資金エージェント

高額な売掛金をお持ちであれば、事業資金エージェントです。

限度額は最大3億円ですので、現金化すれば一気にキャッシュフローを改善することができます。

また、即日入金はもちろん、最短3時間後に現金化も可能となっているので急ぎの時でも安心です。

ファクタリングはバランスシートの改善や2社間取引で秘密を守って取引できるなど、融資にはないメリットがたくさんあります。

経産省も認めた資金調達方法ですので安全性にも信頼がおけます。

 
資金調達プロ

100万円から最大3億円の限度額に設定しており、状況に応じてファクタリングを実現しているのが資金調達プロです。

法人や個人事業主の方で、無事に審査を通過して申込完了することができた場合、一定額の金額をファクタリングしてもらえます。

このように大きな金額に関しても状況によって、資金調達してもらえるので納得した評判に獲得しています。

クラウドファンディング

メリットは?

インターネットの普及と共に盛り上がりを見せている資金調達方法です。

出資者の評価を得ることができれば、新興事業者や中小法人企業であっても大口資金を受ける事ができるようになっています。

従来の銀行融資とは審査ポイントが異なると言われており事業計画が大きなポイントとなっています。

 
デメリットは?
  
ビジネスローンと比べると少し融資までに時間がかかる可能性があります。

また大口融資となるケースが多いため、事業計画に加えて担保が必要となるケースもあります。

まだ多くの企業が対応しているわけではないため選択肢が限定されるという点もデメリットと言えるでしょう。

 
こんな時にはクラウドファンディング!

まとめて借りたい時には一番最初に考えてみてください。

また事業計画やプレゼンテーションに自信がある方にもおすすめです。

急速に知名度が広がっている事もあり、今は使いやすい環境になってきています。

 
手間がかからない初めての利用はココ!(クラウドバンク・フィナンシャルサービス)

クラウドバンク・フィナンシャルサービスは最大10億円までの取引が可能なため、従来型のどの融資よりも大型利用が見込めます。

しかもオンラインで24時間申し込めるなど手間がかからない事も評価されています。

多業種の法人企業が利用されており、自営業者も契約可能となっております。

日本政策金融公庫

メリットは?

何といっても低利で使えるのがメリットです。

また財務省所管の特殊会社のため信頼性や安全性の点でも最も高い評価を得ています。

中小法人企業や小規模事業者のためのサービスと言えますので、事業規模が小さくても安心して申込ができます。

 
デメリットは?

審査に時間が掛かるのが一番のデメリットです。

また通常の申し込みであれば合格率は約2割と言われており、必ずしも容易な事ではありません。

しかしサポートを受ける事でこうしたデメリットを解消することもできるのです。

 
こんな時には日本政策金融公庫!

一番低利で利用できる可能性があるため、長期に渡って融資をしてもらいたい時には積極的に活用することができます。

他の融資と並行して用いる事もできますので、日本政策金融公庫をメインにビジネスローンやファクタリングを活用する方法も有効です。

 
サポートを受ければ合格率が一気にアップ!(ユウシサポ)
  
日本政策金融公庫の審査時間と合格率の問題を解決するのがユウシサポです。

国の認定支援機関であり税理士さんのサポートを受けられるため、活用すれば合格率は驚異の9割以上となっています。

地方の法人企業であってもスカイプなどで面接支援があるため全国どこからでも申し込める点も注目されています。

 
経営者の負担を減らす資金調達を!

様々な資金調達方法とおすすめ業者を幾つか紹介してきましたが、すべてに共通するのがオンラインでの申込に対応しているという点です。

最新の調達方法は、インターネットを利用して来店不要で契約するというものです。

そうすれば経営者にとっては時間と労力を大きくカットすることができます。

また全国どこからでも利用できるため、地方を基盤とする方でも自社にとって一番メリットの大きな方法を選ぶこともできます。

法人企業に最適な資金調達方法は?

1.ニーズに合った方法を!

資金調達までの早さで考えるならビジネスローンやファクタリングです。最短即日利用が可能ですので、急ぎでキャッシュを用立てたい法人企業には最適な方法です。

 
2.銀行だけが大口融資を行っているわけではない!

実は便利なビジネスローンにも最大10億円という大型融資を実施している場所があります!審査や契約に際してはインターネットを通じて行えるため全国どこからでも使えるというメリットもあります。

 
3.ファクタリングという新たな選択肢を活用!

法人企業におすすめの資金調達方法の一つがファクタリングです。主なメリットは『赤字企業でも利用可・利息不要・担保不要・財務改善』などがあります。急速に人気が拡大しています!


同ジャンル関連ページ