セゾンファンデックス不動産担保ローン

セゾンファンデックスの不動産担保ローン!

 

セゾンファンデックスの不動産担保ローンは、法人だけでなく個人事業主にも対応しています。

 

担保となる不動産を所有していれば、事業資金を調達することが可能です。

 

銀行などの金融機関の融資は、会社の信用重視となるため、個人事業主が融資を受けるのはハードルが高くなります。

 

また、貸金業者の不動産担保ローンといっても法人登記を行っているということが融資条件となっていることも少なくはなく、個人事業主は融資対象外となることもあります。

 

しかし、セゾンファンデックスならその心配がありません。

最小100万円から最大3億円と幅広い!

 

セゾンファンデックスの不動産担保ローンは、融資金額は最小100万円から最大3億円と幅広くなっています。

 

数百万円の融資を希望する場合でも最小100万円という金額はメリットがあり、資産価値が評価されない不動産を有効活用し事業資金を調達することができます。

 

納得のいく金利を選択できる!

 

セゾンファンデックスの不動産担保ローンは、金利を変動金利と固定金利の2パターンから選ぶことができます。

 

事業資金を調達する際、将来性や経済状況を見据えて返済計画を検討することができ、返済負担を抑えたり、毎月もしくは年単位での返済を考慮することが可能です。

 

総量規制の対象外!

 

セゾンファンデックスは総量規制の対象外となるため、年収の1/3を超える額でも借入が可能となっており、他の金融機関からの借入れの有無ではなく、事業計画から融資可否が判断され、担保余力を重視しています。

 

返済期間は最低5年から25年と幅広い!

 

セゾンファンデックスの不動産担保ローンは、返済期間が最低5年から最大25年となっています。

 

特に高額な事業資金、将来性を見据えた事業投資、長期に亘り投資金額の回収が可能な設備投資にもメリットがあります。

 

一般的な貸金業者の不動産担保ローンの場合、5年や10年といったケースがあり、毎月や年単位での負担が大きくなるものの、セゾンファンデックスなら負担を抑えることが可能です。

 

家族や一族経営の会社や個人事業主でも!

 

個人事業主にとって悩ましいのが、自身の不動産だけが事業資金の融資を受ける条件となることです。

 

家族経営や親族経営の場合、親族の不動産を担当にできないということになります。

 

しかし、セゾンファンデックスの不動産担保ローンは経営者本人だけでなく、家族や親族の不動産を担保にし融資を受けることができ、効率的なキャッシュフローの検討が可能になります。

 

一族経営でそれぞれの責任の下で融資を受け、事業拡大や売上アップ、新商品の開発に取り組みたいという際におすすめです。