【無利息・低金利】3万円借りるなら?利息0円でお得な場所は!

当ページには広告が含まれています

朝から晩までのアサファガは、アフィリエイトプログラムを利用し、複数の企業から広告を受けることがありますが、コンテンツ内容やランキングの評価には一切関与しておらず、そのような影響を受けることはありません。

3万円借りる時は?

3万円借りたいという方もいるかと思いますが、状況によって利用すべき金融業者が変わってきます。

短期間だけ借りるなら安全性が高い消費者金融からのキャッシングが適してますし、長期間になる見込みなら銀行の方が適していますね。

なぜ、短期間の借り入れなら大手の消費者金融がオススメかというと、無利息サービスを利用すれば一定期間利息が掛からずお金を借りられるためです。

給料日までのつなぎや家電が壊れたなどの急な出費のときに上手に活用していくと銀行カードローンよりも利息を抑えて返済ができる可能性があります。

当ページでは、3万円借りる時に必要になる書類や金利、掛かる利息などを計算していきたいと思います。

お金を借りるならどの方法?

3万円お金が必要な時に親や友達から借りることができれば利息なしで借りられますが、やはり今後の関係を考えると気が乗らないという方も多いのではないでしょうか。

そんな時にはカードローンをおすすめします。テレビやラジオなどで誰もが見た事、聞いた事のある金融会社や銀行なら、金利の面でも返済の面でも安心して借入できます。

その上申込や審査も難しい手続きはなく、銀行によってはスマホで完結できるサービスもあります。

返済や借入の際に要る手数料も無料になる銀行もあるので、各会社のメリットデメリットをよく比較して会社を選ぶ事が大切ですね。

大手消費者金融 融資限度額 実質年率
プロミス 1万円~500万円 4.5%~17.8%
アコム 1万円~800万円 3.0%~18.0%
SMBCモビット
アイフル
アイフルSuLaLi 1,000円~10万円 18.0%

事前に利息をチェック

3万円を借りるにしても利息ってどうなっているのか気になると思います。

そもそも利息とは簡単に言えば、お金を貸してもらう側が貸す側へ支払う手数料のようなものです。

では、利息額はどのように算出すれば良いのでしょうか?

キャッシングをすると、契約によって金利(利率や実質年率とも言う)が決まります。

金利○○%というのは年間の利率であり、日割りで計算するため365日で割ります。

つまり、元金(借りた金額)×金利÷365×借りた日数=利息額ということになります。

たとえば、金利18.0%で30万を10日間借りた場合、300,000×0.18÷365×10日間=1479.45…

小数点以下は切り捨てになるので、この場合の利息額は1,479円です。では、金利5.0%の場合はどうなるでしょうか?

300,000×0.05÷365×10日間=410.95…

同じ30万を10日間借金させてもらうのに、18.0%では約1479円、5.0%では約410円なのです。

キャッシングをする時は、複数のローン会社を比較してできるだけ金利の低い所で借りたいものですね。

限度額をチェック!

 3万円借りる場合は良いと思いますが、30~50万円を貸してもらいたい場合は融資限度額が低く設定されている業者もあるのでしっかりと確認し、借り入れができるかどうかチェックしておきましょう。数百万単位の限度額の所もありますので、大きな買い物の際の役にたってくれるはずです。

皆金額はいくらくらい借りてるの?

「私の場合3万円借りるんだけど、皆いくら借りているのかな?」などの疑問もあるかと思いますので、今回は利用者が平均いくら貸してもらっているのかの表一覧を掲載しました。平均を知りたい方は読んでみて下さい。

貸金業利用者
10万円以下 30.60%
11万円~50万円 36.80%
51万円~100万円 18.10%
101万円以上 14.40%

一覧を見て分かると思いますが、わりと高い金額も借り入れされているようです。

貸金業利用者に関する調査・研究(※最新版の詳細は各自で検索してみて下さい。)

利息ゼロ期間があるプロミス

プロミスは30日間利息0円

3万円ほどの少額を借りる場合はプロミスが30日間の利息ゼロの期間があるので便利です。

プロミスははじめてのユーザーに限り、メールアドレスの登録と書面の受取についてWeb明細を利用することを条件に、30日間無利息サービスが適用されます。

契約時に設定する項目となっていますので、忘れないようにしましょう。30日間の始まりの日は、初回の出金日の翌日となります。

アコムも30日間は無利息

アコムで3万円前後のお金を借りる時でも便利です。

アコムの実質年率は年3.0%~年18.0%、30日間は無利息でお借り入れをしていただけます。

そして貸し付けの限度額は1~800万円となります。

アコムは24時間365日、いつでもお金を振り込んでもらう事が可能です。

また、最短で30分で審査が可能になっていますので今日中に評判が良い場所で貸してもらいたい時にアコムは便利な消費者金融でしょう。

それと、くちこみでの評判も非常に良く来店不要で連帯保証人や担保不要で貸し入れができるのも大きなメリットとなっています。

審査時間が短い場所で

今すぐにキャッシングでするなら借入れするときの審査時間が短い所を選ぶべきです。

有名な消費者金融では一番短くて30分審査の所もあります。

人生は何が起こるかわかりませんので、やはり一枚はキャッシングのカードを持っておくと便利です。

親族の結婚式や、友達の出産と不測の事態で出費がかさむ時は立て続けにおこる可能性もあるかもしれません。

そういうときにキャッシングをされる方は少なくないと思います。

ですが金利を少しでも下げたいと思うのは誰でも同じ。もしそうなら初回借り入れで30日間利息がなしになる会社を探してみてください。

本来キャッシング専門の会社は即日融資も可能ですが、その代わり金利がどうしても高いのがネックですが、最近は30日間無利息で貸してくれるところもあり、無利息分を差し引いたら決して銀行系に劣らない金利で借り入れすることもできるのです。

シミュレーションをしておこう

借金の基礎として借り入れのお得な方法を確認しておくと良いですね。

方法として口座への入金にするのが良いかATMでの現金引き出しか、またなるべく早くがいいのか少しはゆっくりでも構わないかなど、どうやって借入金を受け取りたいのかをシミュレーションを固めておくのがおすすめです。

これは今すぐ借りたいというような切羽詰まった方にも共通する大切なポイントです。

多くの業者のホームページで匿名でできる返済シミュレーションのサービスがあります。

消費者ローンを利用するのは何だか怯んでしまう、というケースは大勢いるように見受けられます。

しかし、金額の少ない貸し付けのときは手順の簡便さや金利面を考えると得するケースは多くなっています。

借り入れの詳細は業者によって違いますので貸してもらう前に確かめましょう。



 

※本ページはプロモーションが含まれています。
asafagaでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運営しております。

※ プロミスの注意事項
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。お申込時の年齢が18歳及び19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生及び高等専門学校生も含む)はお申込できません。収入が年金だけの方は申込できません。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。最短15秒事前審査:事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類や収入証明書類等を提出される場合は、個人番号(マイナンバー)が記されている箇所が見えないように加工してから提出して下さい。

※ アコムの注意事項
ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能です。専業主婦は不可となっております。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。30日間無利息サービスはアコムでの契約が初めての方が対象です。

※ SMBCモビットの注意事項
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。SMBCモビットは原則24時間最短3分でお振込可能です。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。収入が年金だけの方は申込できません。

※ アイフルの注意事項
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。アイフルのご利用限度額が50万円超、又は他社を含めた借入総額が100万円超になる場合は 源泉徴収票など収入を証明するものが必要になります。受付時間によって、振り込みが翌営業日となる場合が御座います。


免責事項

・本ホームページで掲載されている情報に関しましては、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、「内容の安全性や信頼性、有効性、正確性等の目的への整合性を保証するものでは御座いません。」また、本ホームページ掲載の企業とお客様での契約に関して、いかなる関与も致しません。また、本ホームページに起因し、ユーザーに生じたあらゆる損害、ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切の責任を負いません。

・本ホームページは「一般的な情報提供を目的としており」商品提供業者との契約締結における媒介や代理、斡旋をするものでは御座いません。(金融商品の申込は自身で各金融機関の公式サイトを確認し、判断頂けますようお願い致します。)

・本ホームページのリンク先で発生した損害やユーザー同士のトラブル等に対して当社は一切の補償、関与を致しません。また、本ホームページからリンク等をされた第三者が運営しているホームページ、サイトに関して、いかなる保証も致しません。独自の判断で利用ください。

・本ホームページのランキングの付け方については独自で調査した借入可能になる時間や実質年率、口コミなどでの評判等を専門家の監修を得て総合的に判断した結果となっております。