プロミスのキャッシュカードは本日中に最速で作れる!

プロミスのキャッシュカードを!

「プロミスのキャッシュカードは本日中に作ることができるの?」とか「最速で申込手続きを完了させたいけど、そんな時はどんな方法がオススメ?」などなど、非常時で何が何でも今すぐお金が必要な時は何処が良いのか悩みますよね。

そんな時に頼りになる味方であるプロミスのキャッシュカードの発行時間を調べてみると、最短で1時間でカード発行も可能になりますので、最速で貸付てもらいたい時にはかなりオススメができると思います。

でも、無利息サービスの期間の長さや来店不要で借り入れができるのかとか、審査時間や年齢制限など、プロミスの利用条件に関しては知らない点も多々あると思います。

ですので、今回キャッシュカードの発行をプロミスで行いたい人に対して分かりやすくサービスの説明をしていきますので、コチラで契約前にしっかりと学んでおきましょう。

当日に借入する時もプロミスで♪

プロミスでは、早ければ申し込みをした当日に借入することもできます。これは土曜日や日曜日でも同じことが言えますし、最短であれば申し込みをしてから1時間ぐらいで借りることが出来ますし、店舗だけでなくスマホやパソコンで申し込みをしても同じ速さで利用することができます。

そのため、急に現金が必要になったという場合でも、慌てずに対処することが出来るのが、即日融資のメリットとなります。

これら、多くのメリットによって、プロミスで借りるメリットというのは、非常に大きいといえます。

また、審査に完了後通常ではネットでのスピーディな振り込みがあります。特定の銀行口座(例、三井住友)があればできます。

あとは無人契約機に自らが出向いて行って契約する前にある程度ネット申し込みで登録等をすれば、電話、メールで審査結果もわかりますから、安心だと思われます。

身分証明書は運転免許証か顔写真入りのものが最適です。顔写真が無い証明書は、二種類もしくは三種類提出になる可能性がありますのでキャッシュカードを作る時は注意しましょう。

借り入れの際はどうやって借りれるの?

カードローンなので、基本はプロミスATMやMUFGグループATMにおいて借り入れを行います。

しかし、MUFGグループのATMが遠い場合やインターネット上で金銭のやり取りを行いたい場合は三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座をお持ちであれば「瞬フリ」をおこなうと24時間365日、10秒以内で口座へ振り込まれます。

もちろん他行のご利用であっても平日は銀行振込と同様の時間帯でご利用が可能です。

職業や勤務先、年齢制限や必要書類は!?

プロミスのキャッシュカードを作る際、職業によって申込みが制限されるということはなく、パート雇用やアルバイト雇用といった雇用形態の人でも安定した収入と一定期間以上の勤続期間があれば申込み可能です。

勤続期間については、申込みの時点で現在の勤務先に最低でも6ヶ月、できれば1年以上勤務していれば良しとされています。

それと、プロミスのキャッシングサービスは年齢が20歳以上69歳以下であり、申込み者本人に安定した収入があれば基本的に誰でもキャッシュカード発行の申込みを行うことができます。

なお契約の際に必要となる書類については、利用限度額が50万円までの申込みであれば本人確認書類のみ、限度額50万円超えの申込みについては本人確認書類と収入を証明できる書類が必要です。

アルバイトやパート、学生や介護士でも!

本人にアルバイトやパートで安定した収入が有るかたは学生でもキャッシュカードを作ることが可能です。派遣社員・契約社員であっても同様です。

収入証明書類は50万円以下の借り入れや、他社合計100万円以下の場合は提出不要ですが、用意、提出を行って安定した収入を証明することが審査通過への近道となります。

プロミスにはレディースキャッシングという、女性オペレーターに相談しながら申込みができるサービスが用意されているので、初めてキャッシュカードの申込みをするという女性でも申込みがしやすくなっています。

なおレディースキャッシングの商品概要などについては、キャッシングローンと同等となっています。もちろん安定した収入さえあれば、通常主婦の方や介護士、看護師等でも借り入れができます。

金利や無利息サービスは他社から見てお得!?

2017年11月27日時点で、実質年率は4.5%から17.8%、利用限度額は1万円から500万円までという貸付条件が明示されています。

なお、プロミスのキャッシュカードの利用が初めての人がEメールアドレスの登録をしてWEB明細サービスの利用登録を完了させることで、30日間無利息で借り入れができるようになるキャンペーンも実施されています。

また消費者金融のプロミスと新生銀行カードローンのレイクのメリットについてどういう違いがあるかというと一番大きな違いは無利息サービスに大きな違いがあります。

プロミスの場合は借り入れの日から30日間だけ無利息になります。ですが新生銀行カードローンのレイクの場合は違います。

レイクの場合は5万円までの借り入れの場合は180日間無利息を選択することもできます。

しかしレイクは銀行系のサービスとなりますので、今後は即日での利用スタートは難しくなることが予想されます。

ですから少しでも早く利用したいという方は、プロミスの方がメリットが大きいと言えそうです。